【徹底比較】WiMAX2+ホームルーターのおすすめランキング3選

素敵な部屋に溶け込んでいるホームルーターホームルーター
この記事は約8分で読めます。

工事なしで手軽に固定回線代わりになる WiMAX2+ のホームルーターも、提供会社によってキャンペーンがまちまちです。

提供会社を適当に選んでしまうと、同じホームルーターを使うのに損をしてしまう場合もありますし、かと言って、どの提供会社がお得なのかひとつひとつ調べるのには時間がかかってしまい面倒くさいですよね。

そこで今回は、ホームルーターをできるだけお得に申し込むために提供会社の各キャンペーンを僕が比較して、上位 3 社の料金・キャンペーンを徹底比較することにしました。

ホームルーターを検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

それでは、見ていきましょう。

比較の基準と共通点

これから比較していく基準は、次の基準で比較していきます。

  • ひと月のデータ通信量に制限のない「ギガ放題」プランのみで比較
  • キャンペーンを含めた3年契約での支払い総額を計算して比較

また、以下の部分は各提供会社で共通です。

  • 通信設備と通信品質は、本家の UQ WiMAX と変わらない
  • 端末代・送料は 0 円
  • 事務手数料が 3,000 円 (税抜)
  • 利用開始月 の翌月を1ヶ月目とカウント

異なるところは、キャンペーン・月額料金・扱っている端末・オプションやサポートです。それでは、まずひとつひとつ見ていきましょう。

1.GMOとくとくBB WiMAX2+

【2020年5月】GMOとくとくBB:ホームルーターのキャッシュバックキャンペーン

WiMAX2+ の提供会社の中でキャッシュバックが人気の GMOとくとくBB です。最新のホームルーターでも 27,000 円のキャッシュバックがもらえます。

月間のデータ通信量に制限のない「ギガ放題プラン (3年) 」の月額料金を見てみます。

 利用期間月額料金 (税抜)
利用開始月
(日割り)
最大 3,609 円*
1・2 ヶ月目3,609 円
3~36 ヶ月目4,263 円

* 利用開始月は日割り計算。

また、20 日以内であれば解約金なしでキャンセルができるところも魅力のひとつ。「使ったことないから速度が不安なんだけど…」という人でも、実際に使って満足できなければキャンセルができるので安心です。

キャンペーンやサービスの注意点としては 3 つあります。

1つ目は、指定オプションの「安心サポート」は初めの2ヶ月間は無料ですが、3カ月目からは月額300円かかるので、必要ない人は利用開始後に解約しましょう。

2 つ目はキャッシュバックをもらうために手続きが必要。端末が発送されて 11 ヶ月目に GMOとくとくBB のメールアドレス宛に案内メールが届くので、忘れずに内容に沿って申請をする必要があります。

3つ目、20 日以内キャンセルの適用条件として、WiMAX2+ の提供エリア判定(ピンポイント判定)で結果が「〇」の場合に限りますので注意してください。

  • 高額キャッシュバック:27,000 円
  • 最新端末でもキャッシュバックが満額
  • 端末代・送料 0 円
  • 20 日以内なら契約解除料ナシでキャンセル可能
  • どんなときもサポート:解約金ナシで他社回線へ乗り換え可能
  • 実質の月額料金:3,561 円

【GMOとくとくBB】キャッシュバック 公式サイト

 

2.DTI WiMAX 2+

DTI WiMAX2+ Webサイトのアイキャッチ

老舗プロバイダーの DTI も WiMAX2+ を提供しています。DTI WiMAX 2+ のキャンペーンは最大 2 ヶ月間の月額料金が 0 円。また、それ以降の月額料金を大きく割引しています。

それでは、3 年間にかかる月額料金を見てみます。

 利用期間月額料金 (税抜)
利用開始月
/ 1 ヶ月目
0 円
2 ヶ月目2,590 円
3~36 ヶ月目3,760 円

DTI WiMAX 2+ の特徴としては、初めの 2 ヶ月間は 月額料金が 0 円のとなるので初期費用を抑えられるところと、利用期間が経っても月額料金が 3,760 円以上は上がっていかないところ。月額料金の割引きキャンペーンとしては、WiMAX2+ の中でナンバーワンです。

また、NTTグループカード(クレジットカード)に新規入会して DTI WiMAX 2+ の利用料金を払うと、最大 6,000 円 (毎月500円×12カ月間 ) が自動的にキャッシュバックされる点も大きなポイント。

そして、会員限定の特典優待サービス「DTI Club Off」を受けることができますよ。

DTI Club Off とは 宿泊施設や遊園地などのレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、ホテルレストランや居酒屋の飲食代金などがDTI会員様限定の特別優待価格でご利用いただける、お得なサービスです。

DTI WiMAX 2+公式サイトより抜粋

必ず受けられる月額料金の割引きに、追加のキャッシュバックあり、不要なオプションが付いてこないなど、バランスが取れている WiMAX2+ と言えます。

  • 月額料金の大幅割引き。月額 2,590 円~。さらに最大 2 ケ月は 0 円
  • 端末代・送料 0 円
  • 指定クレジットカードを作成・支払いでキャッシュバック 6,000 円あり
  • 会員限定の特別優待サービス「DTI Club Off」
  • 実質の月額料金:3,606 円

DTI WiMAX 2+ 公式サイト

 

3.Broad WiMAX

Broad WiMAXのアイキャッチ画像

比較的、新しい通信事業者 リンクライフ がサービス提供している WiMAX2+ です。

キャンペーンはシンプルで月額料金が 2,726 円~ (税抜) で使える割引きです。月額料金の割引きと言う点では、先にご紹介した DTI WiMAX 2+ と似ています。

実際の 3 年間での月額料金 (税抜) を見てみます。

 利用期間月額料金(税抜)
利用開始月
(日割り)
最大 2,726 円+550 円*
1・2 ヶ月目2,726 円
3~24 ヶ月目3,411 円
25~36 ヶ月目4,011 円

*利用開始月は日割り計算。指定オプションを利用開始月で解約した場合を想定。

Broad WiMAX のメリットは、月額料金割引きのキャンペーンが自動的に適用されます。そのため、キャッシュバックのようにユーザー側で申請したりする必要がなく、必ずキャンペーンを受けられる点は楽だと思います。

他の提供会社にはないサービスとして、他のモバイル Wi-Fi ルーターから乗り換える場合に、他社の解約金を負担してくれます。他社の WiMAX2+ だけでなく、Softbank Air や Y!mobile のPocket WiFi も対象となるため「通信速度が遅すぎて使い物にならないから WiMAX2+ に変えたい」という時に重宝します。

また、Broad WiMAX を使ってみて通信速度などに満足が出来なかった場合に、Broad WiMAX 側で紹介する光回線であれば、WiMAX2+ の解約金なしで乗り換えられる点もポイントです。

注意点としては、下の指定オプション 2 つが申し込み時に付いてきてしまうので、使い始めたらマイページで解約手続きをしないと毎月余計な料金がかかってしまいます。

  • 安心サポートプラス:月額 550 円
  • MyBroad サポート:月額 907 円 (最大 2 カ月間は 0 円)
  • 初期費用 18,857 円が無料
  • 月額料金の大幅割引き。月額 2,726 円~
  • 端末代・送料 0 円
  • 他社回線から乗り換えの解約金を負担
  • 満足できない場合、解約金ナシで移行サポートあり
  • 実質の月額料金:3,646 円

Broad WiMAX 公式サイト

 

それぞれの利用料金を比較してみる

ここまで個別にキャンペーンと月額料金を見てきましたが、ひとつにまとめて3年間トータルの支払い料金と月平均の金額を比較してみましょう (税抜) 。

 GMOとくとくBBDTI WiMAX2+Broad WiMAX
事務手数料3,000 円3,000 円3,000 円
利用開始月最大 3,609 円
(日割り)
0 円最大 3,576 円
(日割り)
1 ヶ月目3,609 円0 円2,726 円
2 ヶ月目3,609 円2,590 円2,726 円
3~24 ヶ月目4,263 円3,760 円3,411 円
25~36 ヶ月目4,263 円3,760 円4,011 円
キャッシュバック27,000 円0 円0 円
3 年間の合計131,769 円133,430 円135,202 円
月平均3,561 円3,606 円3,654 円

※DTI WiMAX 2+ のキャッシュバックはクレカを申し込む条件があるため除いています。

こうして見てみると、3 年間でユーザーが支払う合計金額が一番少ないのは、高額キャッシュバックの GMOとくとくBB となりました。くれぐれもキャッシュバックの申請は忘れずにしましょう。

2 番目は僅差ですが DTI WiMAX。キャンペーンが自動適用である点、解約するべきオプションもありません。NTTグループカードを作れるならキャッシュバックもあるので、バランスが良いと思います。

3 番目は Broad WiMAX となりました。キャンペーンが自動適用ですが、解約するべき 2 つの指定オプションは気を付けたいところ。他社モバイルルーターの解約金負担も使うなら、恩恵は大きいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。WiMAX2+ のホームルーターを選ぶにも、提供会社によってけっこう支払いに差が生まれてきます。

キャンペーンによって、ユーザーが後で申請が必要だったり(キャッシュバックの場合)するので、自分に合ったキャンペーンを選ぶのもいいと思いますし、それぞれ提供会社が独自で行っているサービスを加味して選ぶのもいいでしょう。

  1. GMOとくとくBB:支払い金額は一番低い。キャッシュバックが 27,000 円。20 日以内なら無料解約可能。キャッシュバックの申請は必要。
  2. DTI WiMAX2+:月額料金が 0 円~。月額料金割引では WiMAX2+ の中で No.1 。 NTTグループカードで 6,000 円キャッシュバックあり。
  3. Broad WiMAX:月額料金が 2,726 円~。他社モバイルルーターの解約金負担、同社紹介の光回線へは解約金ナシで途中乗り換え可能。指定オプションの解約には注意。

キャンペーンをうまく使っていくコツとしては、ギガ放題(3 年プラン)は 37 ヶ月目に契約更新月(解約金なしで解約ができる月)があるので、この時に他の WiMAX2+ に乗り換え、またキャンペーンを適用していくのがお得だと個人的には考えています。

通信費は毎月かかってくるので少しでも低く抑えて、浮かせた分はもっと有意義なことに使いたいものですね。

(※ 他にも本家 UQ WiMAX や、BIGLOBE WiMAX 2+、So-net の WiMAX など多数ありますが、同じように3年間の料金を計算したところ、今回お伝えした 3 つよりも支払いの総額が多かったため載せていません。)

 

SNS でシェアのお願い

最後まで読んで頂き、ありがとうございます (^^*

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました