ホームルーター |auスマートポートとWiMAX2+ってどっちがいいの?料金を徹底比較

リラックスしながらWi-Fiを使う女性ホームルーター
この記事は約6分で読めます。

auスマートポートと WiMAX2+ のホームルーターでは同じ端末を使っていますが、選ぶべきは WiMAX2+ です。

au はKDDIのブランドですが、UQコミュニケーションズ (WiMAX2+ を運営) も同じ KDDI 系列なので、一見すると違いが何かも分かりづらいですよね…

WiMAX2+ の方が優れている理由は、キャンペーンの種類が多く、月額料金も抑えて使うことができ実質の月額料金がお得だからです(細かくは後述します)。

この記事を読めば、どのくらい WiMAX2+ が auスマートポートよりもお得なのか分かり、お得な申し込み方法も知る事ができますよ。

それでは、見ていきましょう!

auスマートポートとWiMAX2+の違い

2 つの違いはあくまでサービス提供元が違うことによって、月額料金やその他にかかる費用、キャンペーンの部分が違ってきます。どちらにするか迷っているのなら、支払う料金を総合的に見て選んだ方が賢い選択と言えます。

反対に、両者で使っているホームルーター の端末は同じで、性能も一緒。

通信回線もメイン回線の WiMAX2+、LTEオプションとして au の 4G 回線を使うのは変わらず、通信品質や回線速度も同じなんです。

実質の月額料金はどれくらい違ってくるのか?

それでは、実質の月額料金を比較していきましょう。

比較の方法として、契約期間の間にかかる月額料金・キャンペーン・その他の費用を合計して、契約期間の月数で割って、ひと月あたりの平均を計算します。

また、WiMAX2+ はサービスを提供するプロバイダーが複数あるため、僕が独自で調査している中でお得度 No.1, No.2 のプロバイダーを比較対象にします。

※ 契約期間は、auスマートポートが 2 年。WiMAX2+ は 3 年が主流となってきています。

まずは、auスマートポートの料金です(税抜)。auスマートバリューに加入すると、専用の料金プランになります。

 単独利用auスマートバリュー
専用プラン
事務手数料3,000 円3,000 円
端末代22,000 円*22,000 円*
月額料金 (1〜24ヶ月目)4,880 円4,292 円
合計金額142,120 円128,008 円
実質の月額料金5,922 円5,334 円

※ 端末代金は、24 / 36 / 48 回払いが選べます。

auスマートバリュー専用プランの方が、ホームルーター 単独利用よりお得に使うことができますが初回の契約期間のみの割引きです。26 カ月目以降は auスマートバリュー専用プランでも、月額 4,880 円になります。

また、au の 4G LTE が使えるLTEオプションは単独プランだと有料(1,005 円/月)、auスマートバリュー専用プランだと無料で使うことができます。

 

次に、WiMAX2+ ではお得度 No.1 の「GMOとくとくBB」と、お得度 No.2 の「JPWiMAX」です(税抜)。

GMOとくとくBB は高額キャッシュバック、JPWiMAX は月額料金の割引とAmazonギフト券の即日キャッシュバックが魅力のプロバイダーです。

 GMOとくとくBBJPWiMAX
事務手数料3,000 円3,000 円
端末代0 円0 円
利用開始月3,609 円0 円
1・2ヶ月目3,609 円2,800 円
3~24ヶ月目4,263 円3,500 円
25~36ヶ月目4,263 円4,100 円
キャッシュバック34,700 円11,000 円
合計金額124,069 円123,800 円
実質の月額料金3,353 円3,439 円

※ WiMAX2+ は、LTEオプションが無料で使えます。

以上の計算してみた結果を、お得な順に並べると下のようになります。

  1. GMOとくとくBB3,353 円
  2. JPWiMAX3,439 円
  3. auスマートポート:5,922 円

こうやって比較をすると、WiMAX2+ の 2 つに比べて、auスマートポートの実質の月額料金はかなり高額になってしまう事が分かりました。

契約解除料も比較してみる

次に、利用料金の次に気になるであろう契約解除料も比較していきます。

auスマートポートは、2 年未満の解約で 9,500 円の契約解除料がかかります。プラス、解約した時点で端末代金 22,000 円に未払い分があれば一括精算となります。

契約更新月はスマホと同じく、契約満了した翌月を含めて3ヶ月間あります。乗り換えを考えている人にとっては、やりやすいのではないでしょうか?

WiMAX2+ の場合は、利用年数に応じて契約解除料が変わり、基本的には下のようになります。

  • 1 年目:19,000 円
  • 2 年目:14,000 円
  • 3 年目以降:9,500 円

ただし、先にお伝えしたお得度の高い 2 つの WiMAX2+ は、キャンペーンが良い反面、契約解除料が基本よりも高くなっています。

 GMOとくとくBBJPWiMAX
1 年目24,800 円30,000 円
2 年目24,800 円25,000 円
3 年目9,500 円25,000 円
4 年目以降9,500 円9,500 円

WiMAX2+ は、auスマートポートに比べ、端末代もなくキャンペーンも良いので、この契約解除料の金額はトレードオフで仕方がない事だと思います。

また、WiMAX2+ は契約更新月が契約満了した翌月の 1 ヶ月しかないので、乗り換えをするにはうまく調整しないと少しシビアですね。

契約解除料と契約更新月の設定は、WiMAX2+ よりも auスマートポートの方がユーザーにとって優しいことがわかります。

セット割りにも違いあり

auスマートポートは、上で書いたように au スマホとのセット割引「auスマートバリュー専用プラン」にすることで月額料金が割引きされますが、auスマートポート、WiMAX2+ それぞれでセット割引きにも違いがあります。

auスマートバリューを適用した au スマホは、

  • 最大 2 年間、毎月 2,000 円の割引き
  • 3 年目以降は、毎月 934 円の割引き

を受ける事ができます。

対する、WiMAX2+ にも KDDI 系列の割引が使えます。

まずは、au スマホとのセット割引「auスマートバリューmine」、au スマホの利用料金から毎月最大 1,000 円が割引きされます。

そして、UQ mobileとのセット割引「ギガMAX月割」、UQ mobile の月額基本使用料から毎月 300 円が割引きされます。

au スマホや UQ mobile を使っている人はセット割を使うことによって、通信費の節約をする事ができますよ。

すでに、au スマホを家族で 2 台以上使っていて、2,000 円割引の条件になるのであれば auスマートポートの方がトータルで考えて初めの 2 年間はお得かもしれません。

WiMAX2+ でホームルーターをお得に使おう

いかがでしたでしょうか?

同じホームルーターでも、auスマートポートと WiMAX2+ の実質の月額料金を比較した結果、WiMAX2+ の方が毎月 2,000 円以上もお得な事が分かりました。

やっぱり、端末代金とキャンペーンの有無が大きいですね。

  1. GMOとくとくBB3,353 円
  2. JPWiMAX3,439 円
  3. auスマートポート:5,922 円

ネット回線をホームルーターにするなら、WiMAX2+ でお得に使っていきましょう。

 

SNS でシェアのお願い

最後まで読んで頂き、ありがとうございます (^^*

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました