学生さん必須!大学入学で一人暮らしのあなたに最適なネット回線とは

大学の図書館にいる新入生 WiMAX

大学に晴れて合格して、初めての一人暮らし。慣れない引っ越しでドタバタしている間に、大学の入学式やオリエンテーションが始ってしまいますが、大学生活で必要なのによく忘れがちなのがネット回線の準備です。

今の大学は情報システムが充実しているので、連絡事項の受け取りやレポート提出にもネットと PC がかかせません。

そこで今回は、はじめて大学で一人暮らしをする学生さん向けに、どんなネット回線のサービスが一番手軽に使えるのかを、お得度も含めてお伝えしていきます。

学生さんは WiMAX が便利

先に結果からお伝えすると、新入生で尚且つ、はじめて一人暮らしをする学生さんには WiMAX が向いています。

その理由は下の 4 点です。

  • 工事がいらない
  • 難しい設定がいらない
  • 部屋でも外でもWi-Fiがつかえる
  • 通信費が節約できる

ひとつひとつ解説していきます。

工事がいらない

WiMAX はモバイル Wi-Fi ルーターなので、開通工事というものがありません。光回線のような固定回線の場合は、申し込みから工事までに 2 週間以上は日にちが必要になります。

特に、3 月と 4 月は引っ越しと光回線工事の繁忙期のため、その地域の工事業者のスケジュールが取れずに 1 カ月以上もかかってしまう場合もあるので、すぐにネット回線が欲しくても間に合わないケースもあります。

それに、開通工事は立ち合いが必要なために必ず部屋に居ないといけません。

以前、働いていたい光回線の代理店では、学生さん自身が大学の行事で立ち合いができないために、わざわざ遠方の実家から工事の立ち合いのために、親が来ていることも少なくありませんでした。引っ越しの日と開通工事が別の日になってしまうと、親はちょっと大変ですね。

WiMAX の場合は、申し込みをしたら基本的に翌日に WiMAX の端末が発送されるので、バタバタしている中でも数日でネット環境が整うことが大きなメリットのひとつです。

仮に、不在で端末を受け取ることが出来なくても、不在伝票で都合の良い日に再配達してもらえばいいだけです。

面倒な設定がいらない

WiMAX は、面倒な設定もありません。端末が届いたら 2 ステップで、あっという間にネットが使えます。

  1. 端末の電源を入れる
  2. Wi-Fi でつなぐ

対して、光回線の場合は回線工事が終わってもネットは使えません。工事で設置された終端装置にインターネットに接続するためのプロバイダー情報というものを設定する必要があります。
(※ 一部の光回線は、設定なしでネットが使えるサービスもあります)

詳しい人なら問題はないですが、PC や ネット接続の知識があまりない人はプロバイダーに電話しながらやり方を教えてもらうなど、無駄な時間と労力がかかります。

このような理由で面倒がなく、届いたらすぐにネットが使える WiMAX はお手軽です。

部屋でも外でも Wi-Fi が使える

WiMAX は、モバイル Wi-Fi ルーターなので持ち運びに優れています。提供エリア内であれば、自分の部屋でも外でも Wi-Fi でネットにつなぐことができます。

外で Wi-Fi が使えるメリットは2つあって、1つ目は無料 Wi-Fi のようにリスクがなく、カフェや大学のキャンパスなど、どこでもネットが使えるので、軽めのノート PC やタブレットを持っていれば、特に便利で相性は良いです(もちろん大学構内には学生用の Wi-Fi が飛んでいると思いますが)。

それと、スマホも WiMAX の Wi-Fi 経由でネットにつなぐことで、スマホ自体のデータプランを低めにして通信費全体を節約することができますよ。

おすすめの WiMAX はココ

一口に WiMAX と言っても提供している会社は多数あって、それぞれでキャンペーンや月額料金が違っています。特にキャンペーンの違いで、支払う金額が大きく変わります。

ちなみに、WiMAX の提供会社はすべて UQコミュニケーションズ の同じサービスを使っているため、通信速度や通信品質に差はありません。

そのため、キャンペーンを加味して一番お得に使える提供会社を選ぶことが WiMAX の賢い選び方となります。

僕が色々な提供会社を比較して一番お勧めできるところは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB: 月額料金割引キャンペーンの画像

レンタルサーバーやドメインサービス大手の、GMOインターネットグループ のプロバイダー「GMOとくとくBB」が提供している WiMAX サービス。

キャンペーンとして月額料金が大幅に割引されるので、月額料金が 2,590 円から使うことができます。

現在は、クレジットカードを持っていない人向けにセゾンカード(入会金/年会費無料)の同時申し込みもやっていて、その日の 17:00 までに申し込みをすると翌日に発行されます。

端末代と送料も 0 円で、端末の即日発送もできるスピード対応ぶりも魅力です。

月間のデータ通信量に制限のない「ギガ放題」プランでの支払い料金(税抜)は、下のようになります(契約期間となる 3 年間の合計金額と月平均を計算しています)。

事務手数料3,000円
利用開始月(最大)2,590円
1・2ヶ月目2,590円
3~24ヶ月目3,344円
25~36ヶ月目4,263円
支払い金額合計132,904円
月平均3,592円

※ 利用開始月は日割りですが最大で計算。

この計算した支払い金額は、GMOとくとくBB のもう一つのキャンペーン(キャッシュバック)に比べると多少お得度は下がりますが、他のどの WiMAX 提供会社と比べてもお得です。

それと、キャッシュバックのように申請をしなくても受けられる月額料金割引きはお手軽なので、あえてここで紹介しています。

また万が一、使ってみて速度に満足ができない時は、20 日間以内でのキャンセルができます。WiMAX をはじめて使う人にとって不安がなく始められる内容だと思いますよ。

⇒ GMOとくとくBB

WiMAX の注意点

WiMAX を申し込むにあたって注意しておきたいことが 2 つあります。

1 つは、支払い方法がクレジットカードのみの提供会社が多いこと(先に紹介した GMOとくとくBB も支払いがクレジットカードのみ)です。

親が契約して支払いをしてくれる分には問題ありませんが、あくまで自分が契約して支払いをするならクレジットカードを持っていないといけません。

ただ、GMOとくとくBB であれば、申し込みと同時にセゾンのクレジットカード(入会金/年会費が無料)が作れるので、後でカードが届いたら Web 上で支払い方法を変更することができます。

クレジットカードは「高校生を除く18歳以上」であれば、作ることが出来ますよ。

2 つ目は、自分の新しく住む場所が WiMAX の提供エリアかどうか調べることです。

WiMAX は全国の都市部中心にエリアが広がっているので、よほどの山間部でない限りは提供エリアに入りますが、都市部から離れている大学のキャンパス近くに部屋を借りている学生さんも多いと思うので、必ず前もって調べるようにしてください。

せっかく申し込んでも提供エリアに入っていないとネットが使えないですからね。提供エリアを調べる時は、WiMAX の提供会社の Web サイトから確認ができます。

ちなみに、GMOとくとくBB の 20 日間以内でキャンセルができるための条件としては、提供エリアのピンポイント判定(住所から調べる方法)の結果が「〇」で、かつ満足が出来なかった時です。

結果が「〇~△」「△」「×」の場合は、20 日間以内キャンセルの対象外ですし、そもそも WiMAX の電波が十分に届かずにネットの速度が遅い可能性があるため、WiMAX 自体やめておいた方が無難です

まとめ

一人暮らしを始めたばかりの学生さんに、おすすめのネット回線として WiMAX をお伝えしてきました。最後におさらいです。

WiMAX のメリット

  • 工事がいらない
  • 難しい設定がいらない
  • 部屋でも外でも Wi-Fi がつかえる
  • 通信費が節約できる

おすすめの WiMAX 提供会社は「GMOとくとくBB」。その理由は…

  • キャンペーンがお得で支払い金額が一番少ない
  • 端末・送料が 0 円で即日発送に対応
  • 20日間以内に解約金なしのキャンセルも可能
  • クレジットカードも同時に作れる

ただし、申し込む時には必ず提供エリア判定(住所でのピンポイントエリア判定)をすること、そして結果が「〇」の場合のみ申し込むようにしましょう。

入学や引っ越しの準備でバタバタしがちな学生さんには、手軽に素早くネット環境が作れる WiMAX が大きな味方になってくれること間違いなし。ぜひ、この記事を参考にして少しでも快適に大学生活をスタートさせてくださいね。

 

【9月】WiMAX2+ キャンペーン総合ランキング

GMOとくとくBB

プロバイダーの GMOとくとくBB が提供している WiMAX2+ です。

キャンペーンとして 32,500 円のキャッシュバックがもらえ、WiMAX2+ の提供会社の中では断トツの還元率を誇ります。

キャンペーンだけでなく、他の提供会社にない特徴としては、端末の即日発送に対応しているのでなるべく早くネット環境が欲しい人に向いていること。

そして万が一、使ってみて速度などに満足ができない時は20日間以内であれば無料解約ができる点です。WiMAX2+をはじめて使う人にとって不安がなく始められる内容です。

DTI WiMAX 2+

プロバイダー DTI の WiMAX2+ サービスです。

キャンペーンはシンプルで月額料金大幅に割引きで、月額 2,590 円~ 使うことができます。さらに、はじめの2ヶ月間は 0円 。

※ 月額料金の割引を特典としているWiMAX提供会社の中ではキャンペーン価値 No.1

メリットとしては、キャンペーンの月額割引きが自動的に適用されるので、キャッシュバックのように申請したりする必要がなく、必ずキャンペーンを受けられるのがポイントです。

また、NTTグループカードを新規で同時申し込みして、支払い方法に指定すると月 500 円× 12 ヶ月分がキャッシュバックされます。

Broad WiMAX

LinkLife という新興のネット回線事業者が提供しているWiMAXです。

業界最安値級という謳い文句で、月額料金の大幅割引をキャンペーンとしています。月額料金は2,726円~。

他にない特徴として、他社のモバイルWi-Fiサービス (WiMAX, Sofbank Air, Y!mobile の Pocket WiFi) から乗り換える場合、解約金を最大19,000円まで負担してくれます。

また万が一、Broad WiMAXで満足できない場合は、LinkLifeが勧める他の光回線に解約金なく切り替えすることが可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました