とくとくBB「得の極み」が向いてる人と類似キャンペーンも料金比較

通信費がお得になって嬉しい女性 WiMAX

WiMAX2+ の提供会社としてキャッシュバックが人気のGMOとくとくBBですが「得の極み」という比較的、新しいキャンペーンがあるのをご存知でしょうか?

今回は、GMOとくとくBBの新しいキャンペーン「得の極み」に焦点を当てて「どんな人に向いているのか?」、また他社の同じようなキャンペーンと比較をして、どのくらいお得なのかを見ていこう思います。

お得な WiMAX2+ のキャンペーンを探している人は参考にしてください。

とくとくBB「得の極み」が向いている人

まず、「得の極み」キャンペーンが向いている人ですが、初期費用をなるべく抑えたい人です。

実際に、得の極みキャンペーンを適用した料金体系を見てみましょう。ひと月のデータ使用量に制限のない「ギガ放題」プランが月額 800 円~で使えるのがこのキャンペーンの特徴となっています。

  • プラン: 「ギガ放題」 (3年契約)
  • 端末代・送料:0 円
  • 事務手数料:3,000 円
利用開始月800 (日割り)
1ヶ月目800
2~24ヶ月目3,480
25ヶ月目以降4,263

※ 税抜、単位 (円)

「得の極み」の場合、初期費用は事務手数料の 3,000 円と、800 円の日割り分なので、最初の支払い金額が最大で 3,800 円 (税抜)となります。

⇒ 得の極みキャンペーン

GMOとくとくBBの WiMAX2+ には、キャッシュバックや月額料金割引のキャンペーンもありますが、下のように初期費用だけを見た場合、得の極みより費用がかかってしまうため、初期費用を抑えたいなら「得の極み」キャンペーンが最適と言えます。

  • キャッシュバックの初期費用:最大で 6,609 円 (税抜)
  • 月額料金割引の 初期費用 :最大で 5,170 円 (税抜)

他社の類似キャンペーンと比較してみる

得の極みでは、GMOとくとくBBのキャンペーンの中で初期費用が一番抑えられると言う事がわかりましたが、他の WiMAX2+ 提供会社と比べてどうなのでしょうか?

ここから「得の極み」と同じタイプの他社キャンペーンを比較してみます。

比較対象となるのは「カシモWiMAX2+」「DTI WiMAX2+」の 2 つです。これらの WiMAX2+ も、GMOとくとくBB 「得の極み」 と同じように、はじめの 2 ヶ月間の月額料金に大きな割引きがあるので、初期費用を抑えることができます。

 GMOとくとくBB
得の極み
カシモWiMAX2+DTI WiMAX2+
事務手数料3,0003,0003,000
利用開始月8001,3800
初期費用合計3,8004,3803,000
1ヶ月目8001,3800
2ヶ月目3,4803,5802,590
3~24ヶ月目3,4803,5803,760
25~36ヶ月目4,2634,073,760
3年間の合計135,796137,048133,430
月平均3,6703,7043,606

※ 税抜、単位 (円)
※ 端末代・送料は 0 円

こうやって比べて見てみると、どこがお得に使えるのかが一目瞭然です。

キャンペーンの特徴となる初期費用が一番お得になるのはGMOとくとくBBの得の極みを抑えて DTI WiMAX2+ となり、3年間の合計金額を利用月数で割った月平均を比べても同様の結果となりました。

初めの 2 ヶ月間が 0 円というのと、その後の月額料金が 3 年間通して、一定なのがポイントだと思います。

また、DTI WiMAX2+ には、指定のクレジットカードを作って、それで支払いをすると 6,000 円 (500円×12ヶ月) のキャッシュバックがあるので更にお得に使うこともできます。

まとめ

GMOとくとくBBの「得の極み」が、どんな人に向いているキャンペーンなのか、また、類似のキャンペーンと料金比較を見てきました。

最後に今回のポイントをおさらいしておきましょう。

  • 得の極みは、初期費用を抑えたい人に向いている
  • 類似のキャンペーンなら DTI WiMAX2+ の方がお得度は高い

初期費用をなるべく抑えて WiMAX2+ を使いたいという人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

SNS シェアのお願い

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下のSNSのどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました