光回線の開通工事はどんなことをするの?内容を分かりやすく解説

光回線
光ファイバーケーブル

光回線の開通工事って、何を工事するのかよく分からない人も多いのではないでしょうか? しかも、工事と聞くと何か大掛かりな印象を受けてしまいますよね。

特に初めて光回線を申し込もうと考えているなら、開通工事の内容もきちんと知っておきたいところです。実は、光回線の工事はそこまで大掛かりなものではありません (基本、立ち合いは必要ですが…) 。

今回は、パターン別 (マンションタイプ / ファミリータイプ) に開通工事の内容を分かりやすくお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。

マンションタイプの工事内容

マンションタイプの工事は、電柱や地下を通ってくる光ファイバーケーブルを集合住宅の共用設備 (MDF など) に一旦引き込んで、そこからスプリッターと呼ばれるもので各部屋に分岐させます。

基本的にマンションタイプが使える建物というのは、すでに物件オーナー・管理会社の許可を得て共用設備までは光ファイバーケーブルを引き込んでいます。そのため、入居者が光回線を申し込んだ時の開通工事は、主に共用設備から部屋内までの開通のことを指します。

また、光回線のマンションタイプには大きく分けて下の3つの方式があり、それぞれで開通工事の内容が違ってきます。

  • 光配線方式
  • VDSL 方式
  • LAN 配線方式

ちなみに、建物によってマンションタイプの方式は決まっているため、入居者 (=光回線を申し込むユーザー) は方式を選ぶ事はできません。ただ中には、光配線方式と VDSL 方式が併設になっている建物もあります。

マンションタイプの設備が導入されていない集合住宅は、この後に説明するファミリータイプであれば申し込むことができます。

また、開通工事は基本立ち合いが必要ですが、賃貸物件で前の住人がすでにマンションタイプの光回線を利用していて、部屋内までのケーブルが残っている場合は「無派遣工事」が可能な場合があります。

終端装置だけ郵送で送られてくるので、説明書に従って自分で部屋内に設置すれば開通作業は完了となります。

それでは、個別に説明していきますね。

光配線方式

光配線方式は、共用設備から各部屋まで光ファイバーケーブルを通します。

エアコンのダクトや電話線の配管などから光ファイバーケーブルを通して、部屋の中は柔らかい材質の光ファイバーケーブルで終端装置 (ONU やホームゲートウェイ) に接続します。終端装置から下流側は LAN ケーブルを接続して、無線 LAN ルーターをつなげたり、また直接 PC をつなげたります。

光回線工事:マンションタイプ/光配線方式

参照: NTT東日本公式HP https://flets.com/

場合によっては、光ファイバーケーブルを通すことができず開通ができないといったケースもありますが、部屋内まで光ファイバーケーブルのため、この後に説明する VDSL 方式よりも通信速度は速い傾向があります。

光配線方式は、戸数が比較的少ない・新しい集合住宅に導入されています。

配管が他のケーブルで詰まっていたり、その他の理由で光ファイバーケーブルを部屋まで通せないケースも稀にあります。

VDSL 方式

VDSL 方式は、共用設備から部屋内までを既設の電話線を使う方式です。

建物自体にもともと電話線は通っている所が多いため、開通工事としては共用設備側での差し替え作業と、部屋の中で VDSL モデムを設置する作業になります。

部屋の中は壁にある電話線のモジュラージャックから電話線で VDSL モデムに接続、VDSLモデムの LAN ポートからは LAN ケーブルで無線 LAN ルーターや PC に接続する形になります。

光回線工事:マンションタイプ/ VDSL 方式

参照: NTT東日本公式HP https://flets.com/

物件や部屋によっては、モジュラージャック自体が壁のクロスなどで埋まっているケースも稀にあるようです。

ADSL のネット回線と同じように、電話線はもともと通話用のケーブルのため、データ通信にはノイズも入りあまり向いてはいません。VDSL 方式は通信速度があまり速くない特徴があります。

戸数が多い団地や築年数が経っているマンションで採用されているケースが多いです。

LAN 配線方式

LAN 配線方式については軽く触れておきます。

共用設備からはハブを使って各部屋まで LAN ケーブルを通します。部屋内には LAN ポートの口があり、LAN ケーブルを使って終端装置につなぎます。終端装置の別の LAN ポートから無線 LAN ルーターや PC に接続します。

光回線工事:マンションタイプ/ LAN 配線方式

参照: NTT東日本公式HP https://flets.com/

ただ、個人的な経験上、あまりこの方式を採用している集合住宅はないように思います。

ファミリータイプの工事内容

ファミリータイプの開通工事は、電柱や地下を通ってくる光ファイバーケーブルを戸建てに引き込みます。マンションタイプが入っていない集合住宅の部屋に直接引き込むこともできます。

光回線工事:ファミリータイプ
参照: NTT東日本公式HP https://flets.com/

光ファイバーケーブルは、電話線の配管かエアコンダクトから通しますが、それらから通せない場合はケーブルを通すための小さな穴を開ける場合もあります (防水処理はしてくれます) 。

光回線工事:ファミリータイプの通線方法

参照: NTT東日本公式HP https://flets.com/

部屋の中は、光コンセントを設置して、そこから柔らかい材質の光ファイバーケーブルで終端装置 (ONU やホームゲートウェイ) に接続します。終端装置にある LAN ポートから LAN ケーブルを接続して、無線 LAN ルーターをつなげたり、また直接 PC をつなげたります。

新築で終端 BOX がある家の場合は、そこにネットワーク機器 (終盤装置とブロードバンドルーター) を設置すれば、各部屋まではすでに敷設してある LAN ケーブルを活かすこともできます。

賃貸物件については、事前に入居者から管理会社へ開通工事の承諾ををとる必要があります。

NURO光は開通工事が 2 回

今までの説明で光回線の開通工事の内容は全てですが、例外があります。それは「NURO光」です。

知らない人のために軽く触れておきますが、NURO光は、プロバイダー So-net の運営会社が提供している、下り最大 2 Gbps の高速な光回線サービスです (多くの光回線は下り最大 1 Gbps)。

開通工事ですが、2 回あるため立ち合いが 2 回必要になります。

1回目は屋内工事です。NURO光側の工事作業員が来て、建物の外側に光キャビネット (電柱からの光ファイバーケーブルを接続するためのもの) 設置、屋内に光コンセントの取付け、屋内配線、NURO光専用の終端装置の設置をします。

2 回目は屋外工事です。ここはすでにお伝えしたファミリータイプの工事内容と同じですが、電柱や地下を通ってくる光ファイバーケーブルを引き込みます。工事の管轄は NTT の工事作業員です。

工事の担当が違うため、開通工事が別日で 2 回あるという事です。

どうしてこうなるかと言うと、NURO光は足回りとして、NTT 東西の使っていない光ファイバーを使っています。それに自社で開発した専用の終端装置をつなげる事で下り最大 2 Gbpsを実現しているからです。

NURO光の開通工事:戸建て
戸建てに引き込み (参照: NURO光公式HP https://www.nuro.jp/)

ちなみに、NURO光のファミリータイプは集合住宅にも対応していて、3 階以上は共用設備 (MDF) を一旦経由し、既設の配管を使って各部屋まで光ファイバーケーブルを引き込みますが、開通工事の基本的な流れは戸建ての内容と変わりません。

NURO光の開通工事:集合住宅

就航住宅に引き込み (参照: NURO光公式HP https://www.nuro.jp/)

NURO光のマンションタイプはあるにはありますが、利用希望者が集まらないと設備は入らないので、ユーザーのタイミングでは利用開始ができません。

賃貸物件については、事前に入居者から管理会社へ開通工事の承諾ををとる必要があります。

開通まで時間がかかる / 工事ができない ケースもある

ファミリータイプで稀にありますが、光ファイバーケーブルを伸ばしてくる途中で、どこかの許可が必要になったり、施工自体に時間がかかり、開通工事日まで日数がかかってしまう場合があります。

  • 他の人の敷地の上を通るため許可が必要
  • 河川にある設備を使うため市・区の許可が必要
  • 地下の設備に光ファイバーケーブルを通すので日数が必要 

許可自体は工事業者が取ってくれますが、問題が解消されない限りは先に進みません。

また、建物に光ファイバーケーブルがどうやっても引き込みできない場合は、開通工事が NG となるので光回線を使うことができません。

開通工事に問題があった場合は、申し込みをしたサービス提供会社 (または取次ぎ代理店) から説明の連絡が来るようになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか? これで光回線の工事内容は、ざっくりとでも分かってもらえたかと思います。最後にポイントだけまとめておきますね。

  • マンションタイプ:建物に大元の光ファイバーケーブルと設備は導入済み。共用設備から部屋までの開通のみ。方式は光配線・VDSL・LAN 配線の 3 つあり、入居者が選ぶことはできない。無派遣工事も出来る時がある。
  • ファミリータイプ:電柱や地下から直接、建物に光ファイバーケーブルを引き込む。賃貸物件の場合は管理会社の承諾が必要。開通工事は通常1回だが、NURO光は例外として、屋内・屋外で計 2 回の工事が必要。
  • 状況によっては、光ファイバーケーブルを部屋 / 建物内に通せなかったり、開通まで日数が大幅にかかる場合がある。

光回線の工事内容を知りたい人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

SNS シェアのお願い

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下のSNSのどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました