ネット回線の速度テストはどうしてる?便利な測定サイト5つを紹介

ネット回線の速度テストネットの基礎知識
この記事は約9分で読めます。

ネット回線の速度を測るのにどうしていますか?

自分のよく使う測定サイトがいくつかあれば、「なんかネットの感じがいつもの違うな?」という時に素早く通信速度を測ることができ、何が原因なのか切り分けをする手助けになります。

新しくネット回線を申し込む時に、前もって他の人の速度の測定結果を見ておけば、自分の地域でどのくらいの速度が出ているか知ることもできます。

今回は、ネット回線の速度が測れる測定サイトとその便利な使い方をご紹介します。

PC からでもスマホからでも使えるので、固定回線やポケット WiFi 、スマホの通信速度を測ることができますよ。

では、早速ですが見ていきましょう。

1.ワンタップ / ワンクリックで測定できるサイト

まず今からご紹介する 3 つの測定サイトは、測定ボタンをタップ・クリックするだけで通信速度が測れるお手軽測定サイトです。

Google のインターネット速度テスト

知っている人も多いと思いますが、Google のスピードテストがあります。

今回お伝えする中では、Google からすぐに行けるので、誰でも簡単に通信速度が測れる方法だと思います。

使い方は、Google 検索画面で「スピードテスト」や「speedtest」と入力して検索をすると、一番上に Google のインターネット速度テストが下のように出てきます。

Google:スピードテスト

WEB サイトに飛ばなくても、そのまま「速度テストを実行」をタップ / クリックすると通信速度が測定できます。さすが Google ですよね。

実際に測定してみると、こんな感じで結果が出ます。

ただ、Google のスピードテストは仕事上でも使うことは多いですが、他の測定サイトに比べると、結果の速度が低めで出てくるように感じます。

ちなみに、結果画面の「再テスト」でそのまま再度、通信速度を測ることができます。

その左側にある「詳細」は、Google インターネット速度テストの方法、仕組みや結果についての詳細を見ることができますよ。

→ Google インターネット速度テスト

 

SPEEDTEST.net

こちらの速度測定サイトも結構使っている人はいるんじゃないかな、と個人的には思います。

WEB サイトの他にスマホアプリも用意されています。僕は仕事で Wi-Fi の通信速度を測ることがあるので、スマホに SPEEDTEST.net のアプリを入れています。

SPEEDTEST.net に飛ぶと下のような画面になります。

SPEEDTEST.netのWEBサイト画面

下の方を見てもらうと分かりますが、左下に使っている通信キャリアが表示されます。

僕は、WiMAX2+ のホームルーターを使っているため「au」の表記となります。 (WiMAX2+ 提供元のUQコミュニケーションズは KDDI 傘下の企業のため)

au のすぐ下には IP アドレスも表示されますが、念のためここでは消しています。

また、右下には測定に使うサーバーが表示されます。ここでは、「OPEN Project (via 20G SINET)」となっています。

サーバーはリストから選ぶこともできますが、とりあえずそのままでよいでしょう。

このまま画面上の「GO」をタップ / クリックするとすぐに測定が始まります。簡単ですね。

実際に測定をしてみると、下のような結果になりました。

SPEEDTEST.net:通信速度の測定結果

ちょっと、画面上に広告が多くてウンザリしますが、Google インターネット速度テストと合わせて SPEEDTEST.net もよく使っています。

測定結果は Twitter や Facebook にシェアすることもできますよ。

→ Speedtest.net:https://www.speedtest.net/

 

Fast.com

3つ目は、Fast.com 。このサイトは知らない人も多いかもしませんが、Netflix の速度測定サイトです。

この Fast.com は一風変わっていて、Fast.com に飛ぶとサイトロゴとダウンロードの数値だけあり、自動的に通信速度を測り始めます。

Fast.comのWEBサイト画面

そして、しばらく経つと測定が終わって結果が出ます。実際に測定をしてみると、下のような結果になりました。

Fast.com:通信速度の測定結果

結果の数値の下にある「詳細を表示」は、上りの通信速度と遅延 (レイテンシ) 、測定サーバーや自分の場所・通信キャリアを見ることができます。こんな感じになります↓

Fast.com:通信速度の測定結果、詳細表示

Fast.com も測定結果を SNS にシェアすることができます。個人的には、ほとんど使うことはありません。

→ Fast.com:https://fast.com/ja/

 

2.情報を入力してから測定するサイト

ここからご紹介する 2 つの測定サイトはある程度の情報入力が必要ですが、そのおかげで他の人の測定結果を見ることができます。

ただ、今まで紹介してきた測定サイトに比べて、測定までのステップが多いため「とりあえず、すぐに通信速度を測りたい」という時には不向きです。

みんなのネット回線速度 (みんそく)

「みんそく」は、他の人が測ったネットの通信速度を参考にすることを目的として作られています。比較的新しい速度測定サイトなので、サイト自体も見やすいのがポイント。

こちらは、スマホアプリもリリースされているので、スマホで通信速度を測るのにも向いています。

みんそくに飛ぶと TOP 画面は下のようになります。新しい順に他の人の測定結果が表示されていますね。

みんなのネット回線速度 (みんそく)のWEBサイト画面

速度測定の仕方

このままでは速度測定はできないので、サイトの右上にあるタブの中から「速度測定」(※ 赤枠部分) をタップ / クリックします。

みんなのネット回線速度 (みんそく):通信速度の測定結果

すると、下の画面になるので、「まずはじめに回線タイプを入力してください」から、使っているネット回線を選びます。

一つを選ぶと、さらに次の項目が出てくるようになっていて、次の項目を順に選んでいきます。ちょっと多いですけどね (^^;

  • 回線タイプ
  • 契約回線名
  • プロバイダ
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 住宅の種類
  • ネット接続方法 (回線タイプによっては表示なし)
  • ニックネーム

選び終わったら「通信速度レポート利用規約・利用規約に同意する」にチェックを入れます。

最後に「通信速度測定をして、入力内容を投稿する」をタップ / クリックすると、速度測定が始まります。

測定結果はこんな感じです↓ 結果は、みんそくのサイト内でそのままシェアされます。Twitter へのシェアも出来るようになっています。

みんなのネット回線速度 (みんそく):通信速度の測定結果

通信速度の他に、ダウンロード・アップロード速度の評価と、平均速度との比較結果も分かるのは他と違うところです。

東京都のホームルーターの平均ダウンロードは 54.2 Mbps と僕の環境での 2 倍くらい出てるんですね (^^;

みんなのネット回線速度 (みんそく)

他の人の測定結果を参考にする

他の人が使っているネット回線の速度を参考に出来るのが、みんそくの最大の特徴です。

調べたいネット回線だけの測定結果を見たい場合は、みんそくサイト右上にある「サイト右上にある次の 3 つから選んで表示させることが出来ます。

  • 検索
  • ランキング
  • メニュー

それぞれ、見え方が違うので探したい方法で他の人のネット回線の速度を見ることが出来ます。

「検索」は、回線やプロバイダー名、都道府県や地名を入れてピンポイントで速度結果を探すことが出来ます。

もちろん、そのキーワードで測定している人がいなければ、うまく出てこないと思います。

「ランキング」は、主にネット回線のカテゴリー別で速度結果の速い順でランキングを見ることが出来ます。

「メニュー」は、細かいネット回線のカテゴリーや通信方式から目当てのネット回線の速度結果一覧を見ることが出来ます。

みんなのネット回線速度 (みんそく)

 

Radish Network Speed Testing

「Radish (ラディッシュ) 」は、昔からある速度測定サイトです。「みんそく」と同じように、他の人が測ったネット回線の速度を参考にすることができます。

速度測定の仕方

Radish の WEB サイトに飛ぶと下の画面になります。

Radish (ラディッシュ) のWEBサイト画面

少し下にスクロールして回線情報を入力します (入力をしなくても速度は測れます) 。

Radish (ラディッシュ) :回線情報登録画面

入力が終わったら、下の「測定ページへ」をタップ / クリックします。

次に、次の画面で測定の環境設定が出来ますが、これはそのままで良いでしょう。

Radish (ラディッシュ) :測定の設定画面

下にある「測定ページへ」をタップ / クリックしてください。

すると、測定画面になりますので、画面下よりにある「測定開始」ボタンをタップ / クリックしてください。ボタンが目立たないですね (^^;

Radish (ラディッシュ) :測定開始画面

少し時間がかかりますが、測定が終わるまで待ちます。

ちなみに僕の環境で測ってみましたが、下のような結果が出ました。

Radish (ラディッシュ) :測定結果

Radish Network Speed Testing

他の人の測定結果を参考にする

「Radish」でも「みんそく」と同じように、他の人が使っているネット回線の速度を参考にすることが出来ます。

Radish のサイト上の左上にあるタブの中から「みんなの測定結果」を選びます。

Radish (ラディッシュ) :みんなの測定結果

あとは、左側にある絞り込みで参考にしたい条件を選んでいけば、その条件に合った測定結果を見ることが出来ますよ。

ただ、その条件で測定した人がいなければ参考にできるデータは出てきません。

Radish Network Speed Testing

 

3.測定サイトの便利な使い方

これは、「みんそく」と「Raddish」に言えることですが、前述のようにけっこう細かな情報を入力してから速度を測ります。

そのため、他の人が「どんな状況でどんなサービスを使って測定した速度なのか」が分かります。

例えば、あなたが検討しているネット回線のサービスやプロバイダー、そして住んでいる地域で他の人の測定結果を参考にすれば、自分が使う前に大まかな通信速度の感じを掴むことが出来ます。

特に、同じ地域で利用しているユーザーの速度は、あなたも似たような通信速度で使える可能性がある一つの指標となり得ます。

 

4.測定サイトを使う上で知っておきたいこと

  • 測定結果は目安
  • 実際の通信速度は環境に左右される

まず、測定サイトで測った速度はあくまでも目安ということ。

それぞれのサイトを使うと測定用サーバーに対してのデータ通信で速度を測っていることは理解しておきましょう。

実際に普段使う WEB サイトを見たり、動画配信などの WEB サービスを使うのとは、また少し違ってきます。

そのため、通信速度を測るときは今回紹介した測定サイトを複数使ってみることをオススメします。

また、測定サイトによって速度に違いがでますが、それは下のような要素があるので、あらかじめ理解しておきましょう。

  • ネットワークの状態の変化
  • 測定用のサーバーがある場所の違い
  • 測定方法の違い

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。ネット回線の通信速度を測れる測定サイトをタイプ別に 5 つ紹介してきました。

最後に、5 つ測定サイトの特徴をまとめておきます。

とりあえず、2 つか 3 つほど速度測定サイトを知っておけば、何かの時にパパッとネット回線の速度を調べることが出来ます。

新しくネット回線を申し込む前にも、住んでいる地域内で同じネット回線を使っている人の状況を参考にすることもできます。

ぜひ、今回紹介したネット回線の速度測定サイトを有効活用してみてくださいね。

 

SNS でシェアのお願い

最後まで読んで頂き、ありがとうございます (^^*

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました