UQ WiMAXを申込む前に知るべき!他社とお得度はここまで違う

驚いている女性 WiMAX

UQ WiMAX を検討中でしょうか? WiMAX2+ と言えば、UQ コミュニケーションズが運営しているモバイル Wi-Fi サービスですが、その本家のサービスブランドが UQ WiMAX です。

ですが、UQ WiMAX はお得とは言えません。

なぜなら、WiMAX2+ はサービス自体をを他の企業も自社ブランドとして提供できるようになっていて、キャンペーンや料金にそれぞれ差があるからです。

今回は、本家の UQ WiMAX が他の WiMAX2+ 提供会社と比べてどのくらいお得なのかを比較していきますので参考にしてください。

UQ WiMAX のキャンペーン内容

UQ WiMAX が行っているキャンペーンは下の 2 つです。

  • 月額料金を最大 3 カ月間 684 円割引
  • クレジットカード払いでキャッシュバック 3,000 円

他の提供会社のようにキャッシュバックや月額料金の大幅割引といったものはなく、若干地味な印象ですね。

 UQ WiMAX は他の提供会社にサービスを卸しているという手前もあるのか、キャンペーンがそこまでお得ではありません。

3 年間の支払い金額を計算してみる

 では、比較の前に UQ WiMAX でどれくらいの支払い金額になるのか、主流となっている3年契約で見ていきます。

  • プランは月間のデータ通信量に制限のないギガ放題プランで計算(税抜)
  •  WiMAX2+ では利用を開始した月の翌月を1ヶ月目とカウント
  • 利用開始月は日割りのため最大の料金で計算

UQ WiMAX のキャンペーンや割引を含めた支払い料金は下のようになります。

 ギガ放題(3年)
事務手数料3,000円
端末代金3,800円
利用開始月(最大)3,696円
1・2ヶ月目3,696円
3~36ヶ月目4,380円
キャッシュバック-3,000円
支払い合計163,808円

3 年間で約 16 万円越えですね。これってどうなんでしょう?高いんでしょうか?妥当なんでしょうか?

この料金だけだとお得なのかどうがわからないので、次に他の提供会社と比べていきます。

他の提供会社と比較しよう

上で計算した UQ WiMAX の支払金額ですが、次は他の WiMAX2+ のサービス提供会社と比べてみます。

僕が知っている限りで今のところ一番お得な提供会社「GMOとくとくBB」と比較してみます。GMOとくとくBB はキャンペーンで高額キャッシュバックをやっていて、今月は最大 37,000 円もらえます。

ここではキャッシュバックが最大でもらえる端末を選んだと仮定します。そうすると GMOとくとくBB での支払い金額(税抜)は下のようになります。

事務手数料3,000円
利用開始月(最大)3,609円
1・2ヶ月目3,609円
3~36ヶ月目4,263円
キャッシュバック-37,000円
支払い合計121,769円

3 年間トータルの支払い金額は最大 121,769 円(税抜)となりました(GMOとくとくBB は、利用開始月は日割り計算になるので(最大)と付けています)。

そして、上で計算した「UQ WiMAX」と「GMOとくとくBB」の支払い金額を比べてみます(税抜)。

 UQ WiMAXGMOとくとくBB
事務手数料3,000円3,000円
端末代金3,800円0円
利用開始月(最大)3,696円3,609円
1・2ヶ月目3,696円3,609円
3~36ヶ月目4,380円4,263円
キャッシュバック-3000円-37,000円
支払い合計163,808円121,769円
月平均4,427円3,291円

いかがでしょうか? こうして見てみると、GMOとくとくBB の方が、UQ WiMAX よりも 3 年間の合計で 約 40,000 円安く、月平均だと約 1,000円安く使えることがわかります。

これってけっこう大きな差ではないでしょうか?毎月約 1,000 円違えば、その分ちょこっと美味しいランチを食べたり有意義に使えます。

冒頭でも書きましたが、WiMAX2+ はどの提供会社を選んでも、すべて同じ UQ コミュニケーションズの通信設備を使っているので、回線速度や通信品質に差はありません。

そのため、キャンペーンと月額料金の優劣で選んでいくことが大事です。

それと補足になりますが、GMOとくとくBB20 日間以内なら契約解除料なしでのキャンセル(UQ WiMAX や他社は 8 日間以内での初期契約解除)や、端末の即日発送にも対応しているので、初めて WiMAX2+ を使う人・すぐにネット環境が欲しい人に向いています。

UQ WiMAX のメリットと注意点

 メリットは、UQコミュニケーションズの直サービスであるために、カスタマーサポートに強みがあるところです。 

他社の提供会社の場合は、WiMAX2+ が直接自社サービスではないため、回答できることにある程度限界があります。

特に技術的なことについては UQ コミュニケーションズに確認をするはずなので、回答に時間がかかってしまう可能性がありますが、UQ WiMAX は自社サービスなので回答までの時間も短く、ユーザーが安心できる部分だと思います。

また、UQ WiMAX は支払い方法がクレジットカードと口座振替の2種類選べ、口座振替でも手数料がかかりません(重要事項説明書を読んでも書かれていませんでした)。

そのため、どうしても口座振替じゃなきゃ嫌な人には数少ない選択肢となります(WiMAX2+ の提供会社はクレジットカード払いのみのところが多い)。

対して注意点は、今まで見てきたようにキャンペーン価値が低いこと、そして端末代がかかることです。

キャンペーンについてはすでに上で比較しましたが、最大 3 ヶ月間の料金割引があるだけで他社のようなキャッシュバックや月額料金の大幅な割引などはありません。

また、料金のところでも書いていますが、UQ WiMAX は端末代が一律で 3,800 円かかってしまいます。他社は 0 円で提供しているところがほとんどなので、ちょっともったいないですね。

まとめ

UQ WiMAX と、WiMAX2+ の中でもキャンペーン価値の高い GMOとくとくBB を比べてわかったこと。

  • UQ WiMAX はキャンペーンが少なく端末代もかかるため、支払い金額が多くなってしまう

料金を少しでも抑えて WiMAX2+ を使いたいならGMOとくとくBBがおすすめなのは言うまでもありませんが、「口座振替で支払いをしたい。」「料金は高くても分からない事は都度サポートに聞きたい」という人は UQ WiMAX でも良いと思います。

UQ WiMAX

WiMAX2+ を検討しているなら、今回の比較を参考にして少しでもお得に WiMAX2+ を使っていきましょう。

 

【9月】WiMAX2+ キャンペーン総合ランキング

GMOとくとくBB

プロバイダーの GMOとくとくBB が提供している WiMAX2+ です。

キャンペーンとして 32,500 円のキャッシュバックがもらえ、WiMAX2+ の提供会社の中では断トツの還元率を誇ります。

キャンペーンだけでなく、他の提供会社にない特徴としては、端末の即日発送に対応しているのでなるべく早くネット環境が欲しい人に向いていること。

そして万が一、使ってみて速度などに満足ができない時は20日間以内であれば無料解約ができる点です。WiMAX2+をはじめて使う人にとって不安がなく始められる内容です。

DTI WiMAX 2+

プロバイダー DTI の WiMAX2+ サービスです。

キャンペーンはシンプルで月額料金大幅に割引きで、月額 2,590 円~ 使うことができます。さらに、はじめの2ヶ月間は 0円 。

※ 月額料金の割引を特典としているWiMAX提供会社の中ではキャンペーン価値 No.1

メリットとしては、キャンペーンの月額割引きが自動的に適用されるので、キャッシュバックのように申請したりする必要がなく、必ずキャンペーンを受けられるのがポイントです。

また、NTTグループカードを新規で同時申し込みして、支払い方法に指定すると月 500 円× 12 ヶ月分がキャッシュバックされます。

Broad WiMAX

LinkLife という新興のネット回線事業者が提供しているWiMAXです。

業界最安値級という謳い文句で、月額料金の大幅割引をキャンペーンとしています。月額料金は2,726円~。

他にない特徴として、他社のモバイルWi-Fiサービス (WiMAX, Sofbank Air, Y!mobile の Pocket WiFi) から乗り換える場合、解約金を最大19,000円まで負担してくれます。

また万が一、Broad WiMAXで満足できない場合は、LinkLifeが勧める他の光回線に解約金なく切り替えすることが可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました