クラウドSIMの無制限モバイルルーターでオススメの厳選3つを紹介

木製ブロックの1、2、3イメージ無制限モバイルWiFi
この記事は約5分で読めます。

無制限で使えるモバイルWi-Fiサービスは、新規参入も多く比較が大変です。今回はクラウドSIM対応端末を使っていて国内・海外の両方で使える無制限のモバイルWiFiサービスに焦点を絞ってオススメをお伝えしていきます。

オススメと言いつつ、10個も20個もサービスを並べている記事もありますが、それはオススメになりませんし、見ていて疲れてしまいます。今回の記事では単純に 3 つに絞り込みました。

逆に、ここに出せていないクラウドSIMの無制限モバイルルーターは料金面・もしくは他の面でこの3つよりオススメでないと判断したという事です。

最後まで読めば、それぞれの特徴も分かりつつ、どのサービスを申し込むべきなのかが分かりますよ。

それでは、見ていきましょう。

料金最安で自動更新なし「Mugen WiFi」

Mugen WiFiのWEBサイト画像

株式会社surfave が運営している「Mugen WiFi」です。オススメの理由は、クラウドSIMタイプのモバイルWiFiサービスでは月額料金が最安値 (格安プラン) の 3,280 円 (税抜)。そして、契約期間の自動更新はなし

30日間のお試し期間もあるので、万が一使ってみて「ちょっとダメだな…」という場合でも全額返金保証を受けることができます。細かい条件はあるので、「【Mugen WiFi】7つのメリットと6つの注意点まとめ」も参考にしてください。

利用端末は、uCloudlink社製の「U2s」。クラウドSIMを使っているので、そのまま海外でも利用する事ができます。

GlocalMe U2s 製品画像

初めの 2 年間は解約金縛りがありますが、1 年未満:9,000 円 (税抜)、1〜2 年未満:5,000 円 (税抜) と他と比べて 1 / 2 程度なところもポイントです。もちろん、25ヶ月目以降はいつ解約をしても解約金は 0 円です。

  • 通信容量の制限なし
  • 3キャリアに自動で接続
  • 30日間のお試し期間あり
  • 海外でもそのまま使える
  • 月額料金は 3,280 円 (税抜) の定額
  • 端末代・送料 0 円
  • 端末は「U2s」 (同時接続 5 台 / 2年間はレンタル扱い)
  • 契約期間は 2 年間 (自動更新なし)

Mugen WiFi の詳細を見る

解約金縛りなしの「クラウドWiFi」

クラウドWi-Fiのアイキャッチ画像

モバイルルーターのレンタル事業をしている、ニッチカンパニーが運営している「クラウドWiFi」です。

あまり知らない人もいるかもしれませんが、無制限モバイルルーターの中では、月額料金が 3,380 円 (税抜) と安価で、かつ解約金縛りがないのがオススメ理由です。

最低利用期間は 1ヶ月間ですが、その後はいつでも解約が出来るので、使う側としてもストレスがありませんよね。例えば、「2年間使うかどうか分からない」という人はクラウドWiFiなら安心して使っていけます。

初めの事務手数料が 3,980 円 (税抜) と他よりも 980 円高い設定ですが、縛りがない事を考えると納得できるのではないでしょうか。

利用端末は、Mugen WiFiと同じuCloudlink社製の「U2s」。クラウドSIMを使っているので、そのまま海外でも利用する事ができます。

クラウドWiFiの詳しい注意点については、「無制限で縛りナシ!クラウドWiFi の6つのメリットと6つの注意点とは」も参考にしてください。

  • 通信容量の制限なし
  • 海外でもそのまま使える
  • 月額料金は 3,380 円の定額
  • 端末代・送料 0 円
  • 端末は「U2s」 (同時接続 5 台 / レンタル扱い)
  • 最低利用期間は 1ヶ月
  • 解約金 0 円

クラウドWiFiの詳細を見る

事務手数料なし・実店舗もある「限界突破WiFi」

限界突破WiFiのWEBサイト画像

氷川きよしさんのCMでお馴染みの「限界突破WiFi」。エックスモバイルが運営をしてます。

オススメの理由ですが、月額料金は3,500円 (税抜) にも関わらず、事務手数料の 3,000 円がないため契約期間の 2 年間で考えるとそこそこ割安になる点、また実店舗を展開しているのでサポート面が強いことです。

分からないことはメールや電話・チャットだけじゃなく、店舗スタッフに細かく教えてもらいたいと言う人は限界突破WiFiがいいでしょう (店舗が近場にある場合ですが) 。

限界突破WiFiの利用端末は「Jetfon P6」です。クラウドSIMでスマホ型なのが特徴。海外でもそのままネットができますよ。

Jetfon P6 の端末画像

契約が 2 年間の自動更新型なので縛りはありますが、契約更新月は 3ヶ月間あるので、そこで乗り換えをするのか、続けて使っていくかはじっくり検討することはできます。

ただし、2年未満での解約は 18,000 円 (税抜) の解約金がかかるので、ここだけは注意してください 。

細かい注意点については、「限界突破WiFiのメリットと注意点を徹底解説、ユーザー評判もリサーチしたよ」も参考にしてください。

  • 通信容量の制限なし
  • 3キャリアに自動で接続
  • 海外でもそのまま使える
  • 事務手数料 0 円
  • 月額料金は 3,500 円の定額
  • 端末代・送料 0 円
  • 端末は Jetfon P6 (同時接続 8 台)
  • 契約期間は 2 年間 (1年ごとの自動更新)

限界突破WiFiの詳細を見る

3つに共通するメリットは?

今回、ご紹介している3つのモバイルWiFiサービスですが、どれもクラウドSIMに対応した端末を使っているため、共通して次のメリットがあります。

  1. 国内はトリプルキャリア対応
  2. 海外でもそのままネットが使える

国内の通信についてですが、docomo / au / SoftBank のネットワークを状況によって自動で最適なところを選んでくれるようになっています。

そのため、端末自体がエリア外になりにくく、また一つの回線に障害が起こったとしても、他の回線でつないでネットが使えるメリットがあります。

また、海外旅行や海外出張の時でも、端末を現地で電源をオンにするだけで、Wi-Fiでネットが使えます。これは、国内と同じように現地の国の最適な通信キャリアに自動的につなげてくれるからなんです。

なので、海外に行くたびにレンタルWi-Fiを借りたり・返したりする手間もなく、現地のお店でスマホのプリペイドSIMを買う必要もなし、キャリアの高い海外向けオプションの手続きをしなくても済むところもメリットです。

唯一、個人的にデメリットかなと思う点は、クラウドSIMの端末は今のところどれも、対応のWi-Fi規格が 2.4 Ghz のみ (802.11b/g/n) なので他の電波の干渉を受けて通信速度が低下しやすい可能性があるところ。高速の 5 Ghz (802.11a/ac) に対応したクラウドSIM端末が出てくれば、まさに文句なしかなと言った感じです。

おわりに:自分が使いやすいと感じるサービスを選ぼう

いかがでしたか。クラウドSIMタイプの無制限に使えるモバイルWiFiサービスは、国内では3キャリアを自動接続、そのまま海外でも使える優れもの。ギガ不足に悩む人にとって心強いですが、反面サービスの数が多いため比較するのは大変です。

  • Mugen WiFi:月額料金は最安値 / お試しあり / 契約期間 2 年の自動更新なし
  • クラウドWiFi:解約金縛りなし / 月額料金は安め 
  • 限界突破WiFi:事務手数料なし / 実店舗でサポートも受けられる

ぜひ、今回ご紹介したモバイルWi-Fiサービスを参考に、自分に合ったものを選んでみてくださいね。ネット回線は損せず賢く選んでいきましょう。

 

SNS でシェアのお願い

最後まで読んで頂き、ありがとうございます (^^*

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました