家電量販店のWiMAXは損をしてしまう理由とお得な申し込み方法

家電量販店のノートPCWiMAX2+
この記事は約4分で読めます。

家電量販店で、PC や家電を買うついでに WiMAX を申し込むことができますが、実はキャンペーンがあまりお得ではありません。

実際に店内で説明を聞いてしまうと、そこで申し込むことが一見お得なように思えてきてしまいますが、そんな時に他の WiMAX 提供会社のキャンペーンや支払い金額の違いを知っていれば、損をしないで済みます。

そこで、僕が足で調べた家電量販店のキャンペーンとネットから申し込めるお得な WiMAX 提供会社のキャンペーンを比較してみますので、ぜひ参考にしてください。

WiMAX はすべて UQコミュニケーションズ の同じサービスを使っているので、どの提供会社のものを使っても通信品質に差はありません。

家電量販店のキャンペーンはどのくらいか

ビックカメラ

ビックカメラは、「BIC WiMAX」というサービス名でWiMAXの提供をしています。気になるキャンペーンは、家電製品が 20,000円 引きです。

確認を取ったわけではないですが、選ぶ WiMAX の端末によって割引き額は変わってくるとは思います。

端末代は指定の物であれば 1円 ですが、月額料金は本家の UQ WiMAX と同じ設定なので提供会社の中では一番高くなっています。

事務手数料も合わせて、月間のデータ利用量に制限のない契約プラン「ギガ放題(3年)」で支払い料金を計算しました(税抜)。

 ギガ放題(3年)
事務手数料3,000円
端末代金1円
利用開始月(最大)3,696円
1・2ヶ月目3,696円
3~36ヶ月目4,380円
支払い合計163,009円

これにプラスして、同時に購入する家電が 20,000円 引きになります。

ヤマダ電機

ヤマダ電機の WiMAX は UQ WiMAX の取次ぎをしているだけなので、こちらも月額料金やその他の部分はビックカメラと同じです。

お店にいた UQコミュニケーションズ のネックストラップを付けた説明員さんに聞きましたが、キャンペーンは家電製品が最大 21,600円 引きになるとのこと。ビックカメラより少し多く値引きがありますね。

ただし、端末によって値引き額が変わり 10,000円、5,000円 となってしまうようです。

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラでは「ワイヤレスゲート」という提供会社の WiMAX を販売しています。

ヨドバシカメラのWiMAXブースの様子

店員さんに聞いたところ、キャンペーンとしての家電の値引きは、L01 というホームルーター端末を選んだ場合の 21,600 円が最高。あとは端末によって 10,000 円や 5,000 円になっているとのこと。ヤマダ電機と一緒ですね。

月額料金は UQ WiMAX と同じなので、ビックカメラのところで載せた料金表を参考にしてください。また、端末代は 1 円です。

店員さんが言っていましたが、家電量販店で扱っている WiMAX の料金は結局同じで、家電の値引きもそこまで差はないそうです。

他の提供会社はどのくらいなの?

数ある WiMAX の提供会社の中で、一番お得に使えるのは「GMOとくとくBB」です(このブログで色々と料金比較しての結果です)。

レンタルサーバーや、ドメインサービスのお名前ドットコムなどの Web サービスを提供しているGMOインターネットグループのプロバイダーが「GMOとくとくBB」です。

以前からキャンペーンに力を入れていて、今月は最大 27,000 円 の高額キャッシュバックがもらえ、月額料金も他の WiMAX 提供会社と比べると安い設定になっています。

月間のデータ利用量に制限のない「ギガ放題プラン(3年契約)」にかかる総額からキャッシュバック金額をマイナスして計算すると支払い金額(税抜)は下の表になります。

ギガ放題
事務手数料3,000 円
利用開始月(日割り)最大 3609 円
1・2ヶ月目3,609 円
3~36ヶ月目4,263 円
キャッシュバック27,000 円
3年間の合計131,769 円

  • 指定オプション「安心サポート」(月額300円)が2ヶ月間無料で付きます。
  • 別途ユニバーサルサービス料がかかります。

料金の表を見比べると一目瞭然ですが、家電量販店の値引きを差し引いても GMOとくとくBB の方がキャンペーンの価値が高く、月額料金も低いので支払い金額はかなりお得です。

上で挙げた家電量販店は、一番多くて 21,600円 の値引きで同時に購入する家電への値引きにしか使えません。一方で、GMOとくとくBB のキャッシュバックは金額が高く、指定した銀行口座に振り込まれるので使い道も自分で決めることが出来ますよ。

ちなみに、GMOとくとくBB は Web サイトからの申し込み専用ではありますが、

  • 端末の即日発送に対応
  • 満足できなければ 20 日間以内のキャンセルができる

と、他の提供会社にはないサービスもあるので、料金やキャンペーンだけでなく使いやすい点もメリットです。

⇒ GMOとくとくBB

20日間以内のキャンセルについては、提供エリアのピンポイント判定が「〇」の場合が条件となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 最後に家電量販店でWiMAXがおすすめできない理由をまとめておきます。

  • キャンペーンの価値が低い
  • 月額料金も他社の方が安い

ただ、通信費自体が高くなってもいいから、どうしてもそのお店で家電製品の割引が欲しい場合(ポイントの関係もありますよね)は家電量販店で申し込んでもいいかもしれませんね。

そうでなければ、WiMAXの提供会社の中で一番お得に使える「GMOとくとくBB」がおすすめですよ。

ぜひ、この記事を参考にして賢くお得に WiMAX を使っていきましょう。

 

【2020年5月】WiMAX2+ キャンペーン総合ランキング

【GMOとくとくBB】高額キャッシュバック

・キャッシュバック 27,200 円
・最新端末でもキャッシュバックは満額
・端末代・送料 0 円
・「20 日間以内のキャンセル」可能
・解約金負担なしの乗り換えサポートあり
・au スマホや UQ mobile とのセット割
・実質料金:3,556 円

プロバイダー実績 20 年「GMOインターネット」が運営 。2019 年オリコン顧客満足度ランキング「プロバイダ 広域企業」で第 1 位。

【DTI WiMAX2+】月額料金割引き+2ヶ月間 0 円

・月額料金の大幅割引き。月額 2,590 円~
・さらに初めの 2 ヶ月間は月額 0 円
・端末代・送料 0 円
・DTI 会員だけの優待サービス「DTI Club OFF」
・au スマホや UQ mobile とのセット割
・実質料金:3,606 円

老舗プロバイダー「DTI」が運営 。シンプルに利用料金がお得に使えます。

【Broad WiMAX】月額料金割引き

・月額 2,726 円~
・初期費用 18,857 円が無料
・端末代・送料 0 円
・満足できない場合、解約金ナシの乗り換えサポートあり
・au スマホや UQ mobile とのセット割
・実質料金:3,646 円

プロバイダーや光回線なども提供している通信事業者「リンクライフ」が運営。WiMAX2+のキャンペーンに力を入れています。

SNS でシェアのお願い

最後まで読んで頂き、ありがとうございます (^^*

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました