限界突破WiFiのメリットと注意点を徹底解説、ユーザー評判もリサーチしたよ

限界突破を表現している画象無制限モバイルWiFi
この記事は約8分で読めます。

氷川きよしさんがイメージキャラクターとなっているエックスモバイル社の「限界突破WiFi」。

モバイルルーターを色々と調べていたら、名前にインパクトしかない「限界突破WiFi」が個人的に気になったので、メリット・注意点とユーザーの評判をお伝えしていきます。

限界突破WiFiは、最近流行のデータ通信が無制限に使えるモバイルタイプのネット回線なので、日頃からスマホの速度制限に困っている人は、ぜひ参考にしてください。

それでは、見ていきましょう。

限界突破WiFiのメリット7つ

Webサイトを見ると、限界突破WiFiは「通信容量・国境・料金・モバイルWiFi・エリア」5つの限界を突破しているとのことで、これらの点はそのままメリットになります。

そして、僕が色々と調べた上でメリットだなと感じるところも加えると次の7つになります。

  • ネットが使い放題
  • 1台で世界中どこでも使える
  • ずっと定額の料金
  • 本体・事務手数料が無料
  • マルチキャリア対応
  • 地図アプリ・翻訳アプリが使える
  • 店舗が全国に80箇所

限界突破WiFiは、月間で○GBや、3日間で10GBなど通信容量の制限がないので、ネットが使い放題となります。ここは一番のポイントですね。

料金的には、申し込みをしてから月額3,500円(税抜)が定額でずっと変わりません。他のモバイルルーターのように契約期間が終わったら割引がなくなって料金が上がることがないということです。

さらに、今なら端末と事務手数料も無料となっているため、お得度の高い料金設計となっています。

事務手数料0円
端末代0円
利用開始月最大3,500円(日割り)
1〜24ヶ月目3,500円
25ヶ月目以降3,500円

※ 料金は税抜表示

クラウドSIM(物理的なSIMカードの入れ替えが不要)を採用しているため、通信エリアは国内の大手キャリア3社(docomo、au、SoftBank)に対応していて、エリアによって最適な回線につないでくれるとのこと。さらに、世界中どこでも現地のキャリアを通してネットが使えます。

従来のモバイルルーターとは違い、端末がスマホ型なので海外に行っても地図アプリ・翻訳アプリが使えて旅のお供にも便利です。

限界突破WiFiの申し込みはネット上でできますが、全国にお店が80箇所(直営店・代理店・取扱店)ありますので、きちんとスタッフから説明を聞いて申し込みをしたいというタイプの人も安心ですし、何か問題があった時にお店の人に対応してもらえる安心感もあります。

→ 【限界突破WiFi】公式サイト:https://genkaitoppa.xmobile.ne.jp/

 

限界突破WiFiの注意点

次に、限界突破WiFiの注意点を3つ見ていきます。

  • 契約期間と契約解除金
  • 口座振替はしない
  • 海外利用の料金はプラス

限界突破WiFiの契約期間は2年間となっていて、その後は1年ごとに自動更新となります。契約更新月以外で解約をする時は、下の契約解除金がかかりますので注意が必要です。

支払い方法はクレジットカードと口座振替があるようですが、利用規約を見る限りでは口座振替の手数料が20,000円(税別)とよく分からない金額になっているので、クレジットカードでの支払いをした方が賢明です。(口座振替は登録不備などが大変なので、やりたくないのかもしれませんね)

海外でネットにつないだ時は定額料金とは別に利用料はかかるので注意してください。ちなみに、料金プランは下の3つがあり料金は380円〜となっています(国や地域ごとで異なる)。

  • 300MB / 1日
  • 1GB / 7日
  • 3GB / 30日

 

ユーザーの評判・口コミはどうなの?

 Twitterで限界突破WiFiを使っているユーザーの評判・口コミを探してみました。

全体としての印象ですが、通信速度は当たり前ですが使っている地域によってかなり差があるようです。速い場合もあれば、遅い場合もあるようです。

速度が出ているユーザーの場合、下り数十Mbpsとモバイルのネット回線としては十分な数値が出ています。

また、限界突破WiFiは大手3キャリアの回線から最適なところを自動選択しますが、SoftBankよりもauを掴んでいる時の方が速度が出ている感じがします。docomoを掴んでいる様子はあまり見受けられません。

 

速度があまり出ないユーザーの場合は、つながらなかったり通信が切れたりしているようです… これはちょっと残念ですね… ファームウェアのアップデートなどで解決するのでしょうか。

 

データ通信をずっと続けているような状態だと流石に通信制限を受けるようです。ネット回線はどこでもそうですが、他のユーザーの迷惑になり得ると判断された場合は、プロバイダー側でヘビーユーザー扱いとなり、ピンポイントで通信制限を受けてしまいますので気をつけましょう。

また、端末の仕様で使いづらい点もあるようです。通信が切れたり不安定な場合は、もしかしたら端末の不具合の可能性もあるかもしれません。

 

限界突破Wi-Fiのまとめ

ここで、今回お伝えしてきた内容をおさらいとしてまとめます。まずはメリットから。

  • ネットが使い放題
  • 1台で世界中どこでも使える
  • ずっと定額の料金
  • 本体・事務手数料が無料
  • マルチキャリア対応
  • 地図アプリ・翻訳アプリが使える
  • 店舗が全国に80箇所

次に注意点です。

  • 契約期間と契約解除金
  • 口座振替はしない
  • 海外利用の料金はプラス

ユーザーの評判としては、大まかに次のようになります。

  • 速度が出る環境の人は十分に使える
  • 速度が出ない場合、通信切れなども起こる場合もある

あまりにも通信状態が悪いなら端末・ファームウェアの不具合も疑った方がいいですし、カスタマーサポートに問い合わせてみましょう。

 

限界突破WiFiは申し込むべき?

総合的に見てみて、個人的には「限界突破WiFi」はアリだなと感じました。

スマホタイプの端末も面白く、1台で国内・海外で使えて、料金的にも手頃でシンプル。今なら端末代・事務手数料がないのも嬉しいですね。

自分の生活圏内でうまく速度が出るようなら普段持ちに重宝しそうですね。キャリアの自動選択がSoftBank・auだけでなく、今後はdocomoにも散ってくれるようになると使い勝手ももっと良くなるのではないでしょうか。今後に期待ですね。

日頃からスマホのギガ不足に悩んでいる人には、「限界突破WiFi」良いと思いますよ。

→ 【限界突破WiFi】公式サイト:https://genkaitoppa.xmobile.ne.jp/

 

SNS でシェアのお願い

最後まで読んで頂き、ありがとうございます (^^*

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました