引っ越しに最適!すぐネットが使えて工事がいらない固定回線という選択

素敵な部屋に引っ越してきた女性ホームルーター
この記事は約6分で読めます。

引っ越しは何かとバタバタしがち。そして、必要なのに忘れやすいのはネット回線の手配や申し込みです。

光回線やケーブルテレビなどの固定回線を使っていると、引っ越しに合わせてネット回線の移転手続きをしないといけないため、前もって手配をしておく必要があります。

引っ越し先で新規に申し込むにしても、やはり開通工事までは 2 週間や場合によってもっとかかる場合もありますし、工事当日は立ち合いが必要になるために時間を調整するわずらわしさもあります。

そこで今回は、「引っ越して簡単にネット環境が欲しい人」向けに、“工事がいらない固定回線”という選択肢をお伝えしていきます。

工事がいらない固定回線って?

「ホームルーター」という言葉を目にしたことはないでしょうか? ここ最近になって出始めた通信機器です。

例えば、光回線の時に使うようなブロードバンドルーター(無線 Wi-Fi ルーター)などは、光回線の工事で設置した光ファイバーの終端装置につなげて使いますが、ホームルーターはそれ単体でインターネットにつながっています。

どうしてそれが可能かというと、ホームルーターは物理的な線ではなく電波でつなげているからです。ホームルーターと PC やスマホなどのデバイスの間は、Wi-Fi か LAN ケーブルでつなぎます。モバイル Wi-Fi ルーターの据え置き型と考えてもらうと分かりやすいと思います。

この工事のいらないホームルーターですが、メリットとしては次のようなことが挙げられます。

  • 工事がいらない(だから立ち合いも不要)
  • 機器が届いたらすぐにネットが使える
  • 配線がないので部屋内がスッキリ
  • LAN ケーブルでも接続ができる
  • プロバイダーの設定がいらない

工事が不要で、機器が届けばすぐにネットが使えるのは、

引っ越したけどネット環境がない !? でも、すぐに必要なんだけど…

という人に最適です。

あと、これは個人的なことですが、部屋の中で配線がごちゃごちゃしないのは、常に整理整頓して部屋を使いたい人に向いています(←僕はこれです)。

逆に、デメリットは次のような点です。

  • 外に持ち運んで使うには不向き
  • 通信速度は光回線ほどでない

元々、ホームルーターは据え置き型なので、外でも使いたい人はモバイル Wi-Fi ルーターを素直に使いましょう。

通信速度は、なんだかんだ言っても光回線の方が早く安定はしています(中には光回線でも ADSL くらいの速度の人もいますが…)。ホームルーターは電波でネットに接続しているせいか、干渉も受ける可能性もあります。

実際に僕も使っていますが、Web サイトを見たり、ブログを書いたり、Netflix を見たりなど普段使いには問題がない程度です。気になる人は僕が実際にホームルーターを使ったレビュー記事も参考にしてください。

ホームルーターを選ぶなら WiMAX2+

次に、ホームルーターの種類としては、WiMAX2+ のホームルーターとソフトバンクの「ソフトバンクエアー」があります。

一番の大きな違いは、通信キャリアが違うことです。WiMAX2+ のホームルーターは、UQコミュニケーションズが提供している WiMAX の通信回線を使い、一方のソフトバンクエアーはソフトバンクの通信回線を使ってインターネットにに接続しています。

そして、僕が個人的におすすめできるのは、WiMAX2+ のホームルーターです。

その理由としては次の 3 つ。

  • キャンペーン内容は WiMAX2+ の方が良い
  • 月額料金は WiMAX2+ の方が安い
  • WiMAX2+ の最新機種の方が性能が良い
  • ソフトバンクエアーの通信速度に不評が多く見られる

詳しく知りたい人は、2 つを比較した記事も以前に書いているので参考にしてください。

WiMAX2+ のホームルーターは最新端末がおすすめ

WiMAX2+ のホームルーターには3種類あります。下の写真は実際に僕自身が使っている端末ですが、見た目はすべてこんな感じです。

HOME L01の外観

それぞれの違いとして分かりやすい部分は通信速度です。あとはアンテナの受信感度や、Wi-Fiのつながりやすさが新しくなるにつれ良くなっています(下の表では左の HOME L02 が最新で、右の HOME L01/L01s が旧端末となります)。

 HOME L02HOME 01HOME L01/L01s
通信速度
(下り最大)
1 Gbps440 Mbps440 Mbps
Wi-Fi 規格IEEE802.11 ac/n/g/b/a
有線LANギガビット対応 ×2 ポート
サイズ (mm)
[W×H×D]
約93×178×93約70×155×100約93×180×93

Wi-Fi の対応規格や有線 LAN のポート数もすべて同じで、物理的なサイズ感もほぼ同じような造りです。

その中で、最新端末の L02 は下り最大 1 Gbps に対応していますが、条件が揃わないと(対象エリアで LANケーブル接続・さらに LTEオプションも利用)高速にはならないようです。

ちなみにネット回線でよく見る「下り最大」と言う表現は理論値なので、実際に 1 Gbps 出るわけではないですし、基本的に使う場所や時間帯の影響を受けます。

ただ、アンテナの受信感度も向上しているため、旧端末であまり通信速度が出ていない人が L0 2に変えたことで速度が上がることもあるようです(家電量販店の店員さんから聞きました)。

それと、「最新端末だと値段が高いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、WiMAX2+ は端末代は 0 円なので心配はいりません。

個人的にホームルーターの端末で迷ったら、最新の HOME L02 を選んでおくのがいいと思いますよ。ちなみに僕が使っているのは旧端末の HOME L01 です。問題なく使えていますが、今年はそろそろ機種変更(というか乗り換え)の時期かなぁ…

おすすめの WiMAX2+ は GMOとくとくBB

知っている人もいると思いますが、WiMAX2+ には提供会社が複数あります。

元は全て UQコミュニケーションズ のサービスですが、他の提供会社に卸して、それぞれが自社ブランドのサービスとして提供できるようになっているんですね。

そのため、通信品質や通信速度はどこを選んでも同じですが、キャンペーンや特典、月額料金などが違うため、その部分でお得な提要会社から申し込むことが損をしない選び方となります。

WiMAX2+のサービス提供会社の中でもホームルーターのキャンペーンに優れているところを紹介しておきます。

レンタルサーバーや、ドメインサービスを提供しているGMOインターネットグループのプロバイダー「GMOとくとくBB」なら、ホームルーターで 27,000 円のキャッシュバックがもらえますよ。

月間のデータ通信量に制限のないギガ放題プラン(3年)の月額料金やその他の費用は次のようになります(税抜)。

ギガ放題(3年)
事務手数料3,000 円
端末代0 円
利用開始月
(日割り)
最大 3,609 円
1・2ヶ月目3,609 円
3~36ヶ月目4,263 円
キャッシュバック27,000 円
支払い金額合計131,769 円
月平均3,561 円

キャッシュバックの金額をマイナスして計算していますが、他のどの WiMAX 提供会社よりもお得です。

他の提供会社にないメリットとして、申し込んだその日に端末の即日発送をしてくれます。少しでも早くネット環境が欲しい人にはもってこいです。

そして、20 日以内であれば解約金なしでキャンセルができるところも魅力のひとつです。「使ったことないから速度が不安なんだけど…」という人でも、実際に使って満足できなければキャンセルすればいい訳です。

20 日以内キャンセルの適用として、WiMAX2+ の提供エリア判定(ピンポイント判定)で結果が「〇」の場合に限りますので注意してください。

⇒ GMOとくとくBB

まとめ

最後に、今回の内容をおさらいしておきます。

  • 工事がいらない固定回線としてホームルーターという選択肢があり、端末が届けばすぐにネットが使える
  • 現在、ホームルーターは WiMAX2+ とソフトバンクで契約できるが、キャンペーンや最新端末の性能、評判を比べると WiMAX2+ の方が良い
  • WiMAX2+ のホームルーターは最新の HOME L02 を選べば間違いない
  • WiMAX2+ は提供会社でキャンペーンや料金に違いがあるが、一番お得に使える GMOとくとくBB がおすすめ

開通工事が必要な光回線よりも、手軽にネット環境が作れるホームルーターが工事のいらない固定回線として人気が出てきています。

「なるべく早く手軽にネット環境が欲しい」という人には、ホームルーターがベストアンサーになりますよ。一度、検討してみてはいかがでしょうか?

WiMAX2+ ホームルーターのランキングも合わせて参考にしてくださいね。

 

SNS でシェアのお願い

最後まで読んで頂き、ありがとうございます (^^*

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました