Mugen WiFiの特徴・料金・使用端末・利用までの流れを解説

Mugen WiFiのWEBサイト画像無制限モバイルWiFi
この記事は約6分で読めます。

2019年6月にサービスインした、無制限モバイルWiFiの一角「Mugen WiFi」の特徴と料金プラン、使用端末、利用までの流れを解説していきます。

特に格安プラン(詳しくは後述)は無制限モバイルWiFiの中でも最安値級。安く使えて、しかもデータ使い放題のモバイルWiFiを探しているなら参考になりますよ。

それでは、早速見ていきましょう。

Mugen WiFiの 6 つの特徴

まずは特徴から見ていきます。

  1. データ通信が無制限
  2. 国内の3キャリアに接続
  3. そのまま海外でも使える
  4. 端末代金&配送料が 0 円
  5. おためし体験ができる
  6. 契約の自動更新なし

1.データ通信が無制限

Mugen WiFi の名前の通り、月間のデータ容量制限もないですし、直近3日間の速度制限もなしで使えます。通信回線は、スマホと同じ 4G LTE なので地下鉄やビル内でも快適に使えます。

後ほど説明しますが、料金プランは2つありどちらを選んでも無制限で使うことができます。

月末近くになるとギガ不足に悩むスマホユーザーには良い相棒になると思います。

2.国内の 3 キャリアに接続

Mugen WiFi は国内の主要3キャリア(docomo, au, SoftBank)の回線に対応しているので、一つだけに対応しているモバイルWiFiサービスに比べて、よりネットにつながりやすいのが強みです。

3.そのまま海外でも使える

クラウドSIMを採用している端末を使っているため(端末については後述します)、日本国内だけでなく、そのまま海外でもネットが使えるので、海外出張や海外旅行のお供にも最適です。

4.端末代金&配送料が 0 円

Mugen WiFi は 2 種類の端末が選べますが(端末については後述します)、どちらを選んでも端末代は 0 円。また、配送料もかかりません。

使い放題のモバイルWiFiには、端末がレンタル扱いとなるサービスもありますが、Mugen WiFi の場合は自分の物となりますし、解約後に返却する必要もありません。

5.おためし体験ができる

Mugen WiFi には、ネット回線に珍しい「30日間のお試し期間」が用意されています。お試し期間の間に止める場合は、全額返金保証を受けることができます。

ただし、端末の返却送料と返却処理手数料として 1,000 円(税抜)はユーザー側の負担です。

例外として 50 GB を超えるデータ容量を使った場合は 9,000 円の解約費用がかかり、端末未返却の場合は、さらに翌月〜24ヶ月分 × 1,600 円の費用がかかります。

6.契約の自動更新なし

Mugen WiFi の契約期間は2年間ですが、ネット回線には有りがちな自動更新型ではないので、2 年間使った後はいつ解約をしても解約金はかからないようになっています。

ユーザー側から見ると、とりあえず2年使えば自分の好きなタイミングで解約・乗り換えが負担なくできるので、使いやすいと言えますね。

→ 【Mugen WiFi】公式サイト:https://mugen-wifi.com/

Mugen WiFi の料金プランと諸費用

月額料金について

次に料金プランを見ていきます。プランは2つあり、それぞれ端末と月額料金が違います(税抜)。

 アドバンスプラン格安プラン
月額料金3,880 円3,280 円
端末G4U2s
契約期間2年2年

格安プランは、無制限のモバイルWiFiの中でも最安値級です。

しかも、どちらのプランでもデータ通信は無制限で使えるのがポイント。WiMAXのように、料金が高い方だけが使い放題のプランという訳ではないので、格安プランを使いたい人も安心です。

違いとなる端末は、GlocalMeというクラウドSIMを採用したモバイルルーター「G4」「U2s」を使っています。

「G4」はディスプレイ付きで翻訳や地図アプリを使うことができ、モバイルバッテリーとしての機能も備えています。「U2s」はスリムタイプでシンプルにモバイルルーターとして使えます。

それぞれの特徴や違いは「世界で使えるポータブルWi-Fi、GlocalMeの製品比較と評判・注意点」を参考にしてください。

諸費用について

また、初期費用と解約手数料は以下のようになります(税抜)。契約期間が「自動更新なし」はユーザーに優しいですね。

事務手数料3,000 円
契約期間2 年間(自動更新なし)
解約費用1 年未満:9,000 円
1〜2 年未満:5,000 円
契約更新月以降:0 円

※ 契約月を 1 ヶ月目として、契約更新月は 25 ヶ月目となります。

注意するべき点は、2 年未満に解約をする場合は端末を返却しないといけないところ。返却をしないと契約月残数 × 1,600 円(税抜)が取られてしまいます。

海外での利用料金について

渡航先の国によって、「1200円 1GB/day」か「1600円 1GB/day」の利用料金となります… ちょっと、海外利用は高い感じになりますね。使った日は定額で料金がかかりますが、使わなかった日は0円です。

また、1 日ごとに 1 GB を使いきっても、384 Kbps と低速ですがデータ通信はできるようになってます。

海外での利用料金は、国内の月額料金とは別になるので勘違いしないようにしましょう。

2 つのオプションも利用できる

Mugen WiFiには、「補償オプション」と「次月利用オプション」のオプションサービスがあります。

補償オプション

月額 500 円(税抜)で端末の故障時・水没などを補償してくれます。対象となるのは以下の場合です。水没や全損は新品と交換してもらえます。

  • 取扱説明書及びその他の注意事項等の記載内容に従った、正常な使用状態の下で機器が故障した場合
  • 機器が水濡れで故障した場合
  • 機器が破損により故障した場合
  • 機器が全損した場合

逆に対象外となるのは以下の場合です。

  • 機器の盗難紛失の場合
  • 機器のバッテリー交換を希望する場合

モバイルタイプの端末なので、落下や水濡れでの故障が不安な人は、申し込み時に付けておいた方が良いでしょう。

注意点は、1 度補償を受けてから 12 ヶ月以内にまた補償を受ける場合は、1 台あたりの 3,800 円がかかります。また、この補償オプションは途中加入や途中解約もできないようです。

次月利用オプション

Mugen WiFi は利用開始月の月額料金が日割計算になりません。この次月利用オプションを使うと、翌月 1 日から利用開始できるようになります。

オプション料金はかからないので、今月は日数が少なくてちょっと損かなというタイミングでの申し込み時に使うのがオススメです。ネット環境が早く欲しい人はやめておきましょう。

事務手数料は、申し込みに合わせて先にかかります。

利用までの流れ

利用開始までは簡単 3 ステップです。他のモバイルルーターと同じように、受け取って設定をすればネットが使えるようになります。

  1. WEBサイトから申し込み
  2. 最短即日発送で端末を受け取る
  3. 端末の初期設定をして利用開始

おわりに

いかがでしたでしょうか。Mugen WiFi は無制限モバイルWiFiの中でも最安値級です。30 日間のお試し体験ができるため、「料金を抑えてモバイルルーターを使いたい」「初めてだから、まず使い勝手が知りたい」という人に向いています。

また、契約期間も自動更新なしで 2 年のため、縛りを避けたい人にも向いているモバイルWiFiとも言えます。

→ 【Mugen WiFi】公式サイト:https://mugen-wifi.com/

 

SNS でシェアのお願い

最後まで読んで頂き、ありがとうございます (^^*

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました