LINEモバイルの通信速度を徹底レビュー、安いけど速度はどうなの?

LINE を起動した iPhone X を持っている男性スマホの通信費
この記事は約11分で読めます。

「LINEモバイル」は料金プランがそこそこお手頃で、LINEアプリの年齢確認もできる格安 SIM ですが、実際の通信速度はどのくらいなのでしょうか?

今回は、僕が今実際に使っているLINEモバイルの通信速度を測定してみます。ぜひ、格安 SIM 選びの参考にしてください。

この記事はこんな人向き

  • LINEモバイルを検討している
  • 格安SIMを比較している

それでは、見ていきましょう。

1.LINEモバイル速度測定の環境

まずは、通信速度を測る環境を以下にまとめておきます。

  • 格安SIM:LINEモバイル (docomo 回線)
  • 測定場所:東京都中野区
  • 使用アプリ:SPEEDTEST.net
  • 端末:Android スマホ
  • 測定時間:5 回 ( 9:00〜21:00 で 3 時間ごと)

この記事を書いている現在は、新型コロナウィルスの影響により仕事も在宅勤務、外出の自粛要請も出ているため自宅からのみの計測とします。

本当なら、人が多いターミナル駅や通勤時間の電車内でも測定をしてみたいところなんですが…

2.各時間帯で通信速度を計測

ここから、各時間帯の通信速度を測ってみます。

9:00〜9:10

 下り (Mbps)上り (Mbps)
1回目13.67.72
2回目19.217.3
3回目14.31.63
平均値15.78.88

下り速度はそこそこ出ていますが、上り速度にばらつきが見られます。

12:00〜12:15

 下り (Mbps)上り (Mbps)
1回目5.261.31
2回目5.875.88
3回目5.596.03
平均値5.574.50

お昼の測定から下りの速度が 5 Mbps 台となってきました。上りも朝に比べて落ちてきましたね。

15:00〜15:15

 下り (Mbps)上り (Mbps)
1回目4.472.82
2回目4.943.53
3回目4.983.31
平均値4.503.22

午後に入ってからは、さらに速度が落ちて下りは 4 Mbps 台。上りは 3 Mpbs くらいといったところでしょうか。

18:00〜18:15

 下り (Mbps)上り (Mbps)
1回目5.964.05
2回目5.272.25
3回目7.391.93
平均値6.212.74

夕刻はけっこう意外な結果に。15:00 の測定よりもさらに速度は落ちるかと予想していましたが、下りは平均 6 Mbps に上がっています。上りはさらに落ちていますね。

21:00〜21:15

 下り (Mbps)上り (Mbps)
1回目7.763.44
2回目7.893.52
3回目7.873.53
平均値7.843.50

21:00 台では、下りが 7 Mbps 台、上りが 3 Mbps 台と18:00 台よりも若干早くなりました。

3.測定値の集計結果

測定した結果を最小・最大値、中央値、平均値が分かるようにまとめました。

 下り (Mbps)上り (Mbps)
最小値4.472.82
最大値19.217.3
中央値5.964.05
平均値7.524.27

測定から分かったことは、朝方は良いですが、お昼以降ネットワークが混み合ってくると通信速度が一桁台にググっと落ちてきました。

そして、重要なダウンロード速度の中央値は 5.96 Mbps です。

 

4.LINEモバイルの評判・口コミ

続いて、LINEモバイルの評判や口コミもいくつか見てみましょう。

4-1.格安SIM・格安スマホ通信速度調査より

まず、僕の今回の測定だけだと他の格安SIMと比較できないので、MMD研究所が行った「2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」を参考にしてみます。

調査期間は2月4日から2月6日の平日 3 日間で、主要 3 都市である東京・大阪・名古屋の主要駅にて、各駅 1 箇所ずつ、9時〜10時、12時〜13時、17時〜18時の 3 つの時間帯に計測したものだそうです。

対象の格安SIMは以下の 9 サービス。

  • Y!mobile
  • 楽天モバイル(新キャリアではなく格安SIMの方)
  • mineo
  • UQ mobile
  • OCN モバイル ONE
  • IIJmio
  • BIGLOBEモバイル
  • イオンモバイル
  • LINEモバイル

結果としては、ダウンロードの通信速度が高速だったのは「UQ mobile」39.2 Mbps、「Y!moble」 35 Mbps、逆に低速だったのは「LINEモバイル」や「楽天モバイル (docomo回線)」となっています。

LINEモバイルは、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線ともにダウンロード速度が 5 Mbps 以下という結果に…LINEモバイル残念です。

僕も以前、帰宅途中の駅や通勤電車でモンストを立ち上げた時のデータダウンロードが中々終わらなくて毎回ストレスを感じていました。

4-2.Twitter でも見てみよう

次に、Twitter 上でLINEモバイルユーザーの評判や口コミを見てみます。

「速度遅いよ〜」という口コミ

Google のスピードテストは他よりも速度が低めに出てくる傾向はありますが、ちょっとこれだとどうにもならないですね↓↓

こちらの方は、LINEモバイルと楽天モバイルを比較しています↓↓ LINEモバイルは格安SIM (MVNO) なのに対して、楽天モバイルはキャリア (MNO) なので通信速度の桁が違いますね。

こちらの方は、LINEモバイルの速度が遅く、対応も悪かったため UQ mobile に変えたようです↓↓ 相変わらず UQ mobile は速いですね。僕も変えようかなぁ…

こちらは僕と同じような測定結果になっていますね↓↓

こちらの方は中々手厳しい意見です↓↓ 確かに、通信速度が遅いのにユーザーだけ増やしたら、「さらに遅くなる → 既存ユーザーは不満 → 他社に乗り換える」っていう悪循環になりますよね。

「満足してるよ」という口コミ

こちらの方はLINEモバイルで問題ないよという口コミです↓↓ 僕も同じように 3 GB のプランで SNS はフリーなので、データは毎月繰り越してしまってます。

ただ、「通信速度が落ちない」というのが不思議です。そんな地域があるということでしょうか…

5.僕がLINEモバイルを選んだ理由

そもそも、はじめに格安 SIM を使おうと思った時に、LINEモバイルを選んだ理由は他と色々と比較して以下の点で良いなと判断したからです。

  • 料金プランが安い
  • LINEを含めた SNS がデータフリー
  • LINE の年齢確認ができる

僕が今使っているのは旧プランの「コミュニケーションフリープラン」です。データ容量は 3 GBで、余ったデータは翌月に繰り越し可能。

LINE を含めた SNS アプリ (LINE, Twitter, Facebook, Instagram) は、サービスの一部を除き通信量がカウントされないので、データ容量は 3 GB でも余ってしまう状態です。

月額料金は 1,690 円 で、Instagram を含めてカウントフリーにするには、現在 (改定後) の新料金プランよりもお得に使えてます。

LINEモバイルは料金プランに改定があり、以前よりも割高になってしまいました。

あとは、格安 SIM では唯一、キャリアと同じように LINE アプリの年齢確認が取れるので、LINEでの電話番号・ID 検索が可能なのも便利かなと思ったんですが、基本的に「二次元バーコード」や「ふるふる」で相手の LINE アカウントを登録しているので、無くても問題はないと今は感じています。

→ 公式サイト【LINEモバイル】:https://mobile.line.me/

 

6.今、格安 SIM を速度で選ぶならここがオススメ

格安 SIM を選ぶ上で、通信速度の観点から見たオススメを 2 つご紹介しておきます。

6-1.UQ mobile

前述の「2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」では、ダウンロード速度で第一位。

au のサブブランドと言われるだけあって、UQ mobile は格安 SIM の中で通信速度が断トツです。

月額料金はスマホプランSで 1,980 円〜。「UQ家族割」を適用すると 2 回線目以降は 1,480 円〜で使えます (下表は税抜) 。

 スマホプラン Sスマホプラン Mスマホプラン L
月額料金
(主回線)
1,980 円2,980 円3,980 円
月額料金
(UQ家族割/子回線)
1,480 円2,480 円3,480 円
データ容量3 GB9 GB14 GB

キャリアのように大容量タイプは無いものの、キャリアの同じ様なデータ容量と比べて安い料金プランとなります。契約解除料がないところもポイントです。

データ容量が余った月は、翌月に繰り越して無駄なく使うことができますよ。

通話オプションも充実していて、下のようにに 3 タイプが用意されています (税抜) 。

 国内通話
かけ放題
国内通話
10分かけ放題
国内通話
最大60分/月
月額オプション料金1,700 円700 円500 円

今なら通話オプションと「au ID」の登録で、スマホプランのデータ増量キャンペーンもやっていますよ。

UQ mobile には、「UQ家族割」の他にも「UQ学割」「ギガMAX月割」など、さらにお得に使うことができます。

→ UQ mobile をお得に使う5つの方法を分かりやすく解説

キャッシュバックが 10,000 円もらえるキャンペーンサイトでの申し込みがお得です。

→ UQ mobile キャンペーンサイト:https://uqmobile-store.jp/

 

6-2.Y!mobile (ワイモバイル)

前述の「2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」では、ダウンロード速度で第二位。

Y!mobile はソフトバンクのサブブランド。UQ mobile と同様、格安SIMの中では通信速度が快適です。

月額料金はスマホベーシックプランSで 2,680 円〜。「家族割引サービス」を適用すると 2 回線目以降は 2,180 円〜で使えます (下表は税抜) 。

 スマホベーシック
プラン S
スマホベーシック
プラン M
スマホベーシック
プラン R
月額料金
(主回線)
2,680 円3,680 円4,680 円
月額料金
(家族割引/子回線)
2,180 円3,180 円4,180 円
データ容量3 GB9 GB14 GB
国内無料通話1 回 10 分以内

Y!mobile もキャリアのように大容量タイプは無いものの、キャリアの同じ様なデータ容量と比べて安い料金設定となります。特に契約解除料はありません。

Y!mobile では、データ容量が余っても翌月に繰り越して使うことはできません。

各料金プランを UQ mobile と比べると、一見同じデータ容量で月額料金は Y!mobile の方が高いですが、1回10分以内の無料通話がコミコミとなっています。(※ UQ mobile の各料金プランに国内通話 10 分かけ放題を追加すると Y!mobile と同額となります)

また、ヤフオク!の出品など色々な特典が受けられる「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」も標準サービスとして付いてきます。(Yahoo!プレミアムは Yahoo! JAPANが提供する月額462円 (税抜き) の有料サービス)

通話オプションはかけ放題も用意されています (税抜) 。

 スーパーだれとでも定額
月額オプション料金1,000 円

今なら、Y!mobile に申し込み後 1 年間は、スマホベーシックプランのデータ増量キャンペーンもやっていますよ。

Y!mobile には、「家族割引サービス」の他にも「新規割」「ワイモバ学割」「おうち割 光セット」など、さらにお得に使うことができます。

→ Y!mobile オンラインストアhttps://ymobile-store.yahoo.co.jp/

 

おわりに

いかがでしたでしょうか? 今回、LINEモバイルの速度を測ってみて僕自身「薄々は感じていたけど、やっぱり遅い」と感じました。

今は、在宅勤務でほぼ家の Wi-Fi 経由でスマホを使っているため、特に問題はないのですが、新型コロナウィルスが終息してきて、また通勤電車に乗って出社するようになると、人混みの中で通信速度が遅いのがストレスになるんだろうなと思います。

利用料金が安いのは大切ですが、使い勝手も含めたバランスが格安 SIM 選びには重要だという事ですね。

なので、これを機会に UQ mobile にしちゃおうかな〜と画策してます。(ネット回線が WiMAX2+ なのでセット割引も使えますしね)

この記事が、少しでも格安 SIM 選びの参考になれば嬉しいです。

 

SNS でシェアのお願い

最後まで読んで頂き、ありがとうございます (^^*

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました