光回線の申し込みで騙されないための知識と騙された時の対処法

NOと言うこと光回線
この記事は約6分で読めます。

光回線を申し込む方法というのは複数ありますが、その中で気を付けたいポイントというのが存在します。

そのポイントを知らないと、「契約した覚えがないのに申し込んだ事になっている」「開通してみたら、はじめの話と料金が違う」という事になりかねません。

光回線は、サービス提供元が販売代理店に集客・ユーザー獲得を依頼して、申し込み件数分の手数料を販売代理店払うと言う流れなので、販売代理店はグレーな方法を使ってでもユーザー獲得に必死なる傾向があります。

この記事を最後まで読めば、どの申し込み方法が危ないのか、騙された場合はどうすればいいのか分かり、どの申し込み方法が安全なのかも理解することができますよ。

訪問営業と電話営業は要注意!

光回線の営業方法として訪問営業とテレアポ(電話営業)をしてくる代理店は、特に注意が必要です。

昔に比べて大分減ってきているとは思いますが、NTT と勘違いさせるような名乗りでこちらを安心させて回線切り替えに誘導するような手口や、あたかもその地域一帯が新しい料金体系になるから連絡をしている(半ば自動的にそうなるようなニュアンス)、といった内容でよくよく聞くと回線切り替えの営業という手法をとっている代理店もあります。

フレッツ光などのネット回線を使ってはいても、あまり契約内容を細かく管理していない人は多いと思いますし、向こうは営業のプロなので言葉巧みに回線切り替えに誘導するように話を進めてきます。

結局、「今より安くなる。切り替えは簡単。」という話で納得して回線を切り替えても、実際にも請求を見てみると、あまり変わらないとか前より高くなったという声も聞いたことがあります。

ひとりひとり契約内容が違うのに、それを確認・比較せずに「安くなる」一辺倒の営業トークをしている代理店や、キャンペーンの条件と言って不要なオプションを付けてくる代理店に引っかかってしまうとこのような残念な結果になってしまいます。

もちろん中には、きちんと「〇〇光の代理店で、回線切り替えの案内をしています。」など誤解がないよう誠実にやっているとこもあるでしょうが、訪問・電話営業をしているところでは少ないと思います。

個人的な話ですが、昔アルバイトで光回線や固定電話の料金割引サービスなどのテレアポをしていたことがありますが、その当時は見込み客となる人への案内は誤解されやすそうなグレーなことも多く、その代理店の現場責任者も件数を伸ばすことだけを気にして、社会人として見るとおかしい人が多かった記憶があります。

訪問・電話営業 に騙されないためには

基本的には 訪問・電話営業 からは光回線を一切申し込まないことが肝心です。

そのため「営業の話を聞かない」「聞かれた個人情報を教えない」「必ず断る」ことを家族含めて徹底するのが良いでしょう。

もともと固定電話がなかったり、オートロックの建物であれば電話や訪問がないので安心ですね。

ただ以前ですが、オートロックのマンションに侵入して、訪問営業を行おうと一線を越えた代理店スタッフの話も聞いたことがあります。

ポスティングも微妙…

郵便受けのチラシでネット回線の案内を見たことはありませんか?その様なチラシも代理店が撒いています。

チラシは基本的に訪問や電話営業と違ってチラシを見たこちら側が問い合わせをしないことには何も起こらないので、まぁ安全と言えば安全ではあります。

ポスティングをやっている代理店は小さな会社が多く、どのような対応をしてくるかというのは問い合わせをしないと分からないところはありますし、キャンペーンを見てもイマイチなところが多いので、申し込みをしない事に越したことはないでしょう。

家電量販店はどうなの?

家電量販店も販売代理店です。光回線のサービス提供会社からもらう手数料を超えない範囲で、店舗で売っている商品を値引きしています。

まだ家電量販店は実店舗なので、家賃や人件費がなどのコストが大きくかかりますが、けっこう値引きが大きいと思います。

家電を買うついでにタイミングが合うのであれば、家電が安く手に入るのでいいと思います。

ただ、そのために指定のオプションなどが追加される場合がありますので、きちんと条件を店員に確認しながら申し込みをすることをおすすめします。結局月額料金が高くなってしまうと意味がありませんからね。

オプション一つに対しても手数料が入るため、このような構造になってしまっています。

もっとも安心なのは公式 Web サイト

光を申し込むのであれば、そのサービス提供元に自分から直接申し込むのが一番と言えます。

すでに説明した通り代理店は申し込みだけやれば手数料がもらえるので、そのために詐欺まがいのことをやる会社もありますが、サービス提供元はそんなことはできません。

ユーザーが申し込んだ後も、光回線の開通から利用中のサポートにも責任があります。そのため、ユーザー側としては安心して申し込める訳です。

たまに、サービス提供元でもサポートが悪かったり、代理店管理がずさんな所がありますが、悪い評判はすぐ SNS で広まって自分の首を絞めるだけとなります。

Web サイトで申し込む注意点

光回線を申し込むためのWebサイトには、上でお伝えした公式Webサイトと、代理店が運営している Web サイト (訪問や電話営業ではなく Web サイトで申し込みを取っている代理店) があります。

代理店の Web サイトの場合、キャンペーンが物凄く良く見えるように作られている事がほとんどですが、その特典を受ける条件として、オプションや他の契約が必須だったり、キャッシュバックをもらうための条件が複雑だったりと、申し込みをさせておいてキャンペーンが受けづらくなっている We bサイトがあるため注意が必要です。

すべての代理店 Web サイトが悪いとは言いませんが、中にはそのようなところもあるので注意するに越したことはないという事です。

また、Web サイトで光回線を申し込むのなら、必ずどこの会社がその Web サイトを運営しているかをチェックして、もしそこで申し込むのであればキャンペーンをもらうための条件を細かく読んでおくことをお勧めします。

サービス公式の Web サイトで優良なキャンペーンを行っている光回線もあるので、そのようなサイトから申し込む方が安心できると思います。

なんかおかしい・騙されたと感じたら…

「訪問営業や電話営業で言われるがままに申し込んでしまったけど、なにか不安…」「申し込んだ覚えはないのに申し込みになっている」という時は、そこの代理店に連絡を取り経緯を説明してキャンセルをしてください。

訪問営業であれば名刺、電話営業であれば連絡先を口頭で伝えているはずです。

また、連絡先に電話をしても誰もでない、ずっと通話中など、一向に連絡が取れない場合は消費者センターに連絡を取り相談をすることが賢明です。

念のため、消費者センターの URL を載せておきます。地域ごとに連絡先が違いますので確認の上、連絡をしてみてください。

⇒ 消費者センター 

まとめ

いかがでしたでしょうか? 光回線の申し込みで注意をするべきことを最後にまとめておきます。

  • 訪問営業・電話営業では申し込まない
  • 知らずに申し込みになっていた・騙された場合はすぐにキャンセルする
  • 話が進まない・連絡がつかない場合は、消費者センターに相談
  • 家電量販店は家電を買うならあり。ただし、条件は細かく確認すること
  • Webサイトからの申し込みは代理店サイトには注意する

光回線を申し込むのであればサービス公式の Web サイトから自分で申し込むのが一番安心できる方法です。

この記事を参考にして光回線の悪徳代理店から自衛できるようになってもらえれば幸いです。

 

SNS でシェアのお願い

最後まで読んで頂き、ありがとうございます (^^*

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました