BIGLOBE WiMAX2+の新料金プランはお得なのかを徹底検証

BIGLOBE WiMAX2+:新料金プランのアイキャッチ画像WiMAX2+
この記事は約7分で読めます。

BIGLOBE WiMAX2+ では、2019年10月から新しい料金プランがスタートしました。今までになかった「1年契約」というプランなので、「お得そうだな」と思う人も多いはず。

そこで今回は、この新料金プランが「本当にお得なのか?選ぶべきなのか?」を実際に支払う実質料金を計算・他と比較して検証してみようと思います。

と言うのも、そもそも WiMAX2+ は、どの提供会社を選んでも通信品質・速度に差がないので、キャンペーンや料金プランを踏まえた実際の支払い料金を比べてみないと損か得か分からないからです。

それでは、早速見ていきましょう。

1.BIGLOBE 新プランの特徴は?

まずは新料金プランがどんな内容なのかを知っておく必要があります。特徴は下の 6 つのポイントです。

  • 契約期間が 1 年間 (自動更新ナシ)
  • 契約解除料が 1,000 円
  • 月額料金が完全定額
  • 端末代金がかかる
  • SIMカードのみのプランがある
  • LTEオプションは有料に

ひとつずつ詳しく見ていきます。

1-1.契約期間が 1 年間 & 契約解除料が 1,000 円に

大きな特徴として、WiMAX2+ の契約期間は 3 年間がスタンダードですが、BIGLOBE WiMAX2+ では契約期間が 1 年間とかなり短くなりました。

また、契約期間中の途中解約でも契約解除料が 1,000 円 (税抜) となったので、ユーザーは比較的気軽に他の WiMAX2+ やネット回線に乗り換えやすくなったと言えます。

しかも、契約期間は自動更新ナシなので、13 ヶ月目以降はいつ解約をしても契約解除料は 0 円です。

WiMAX2+ で 1 年契約で使えるのは、BIGLOBE WiMAX2+ のみとなります。

きっと、総務省が携帯大手キャリア 3 社に、「ユーザーの囲い込みを緩くしましょう」とツッコミを入れていることにならっての料金プランなのではないでしょうか。現在、BIGLOBE は KDDI のグループ会社なので、個人的にはそんな気がします。

1-2.月額料金が定額

月額料金は、月間のデータ通信量に上限がない使い放題の「ギガ放題」が 3,980 円 (税抜) の完全定額 で使うことができます。

他の WiMAX2+ のように、3 年目や 4 年目から月額料金が上がるということはありません。ちなみに、利用開始月はサービスで 0 円です。

1-3.端末代金がかかる

契約期間や契約解除料もそうですが、今までの料金プランと比べて最大の変化の 1 つが、WiMAX2+ の端末代金がかかるようになったことです。

今までは、端末代・送料は 0 円でしたが、新プランではどの端末を選んでも 19,200 円 (税抜) を支払う必要があります。送料は 0 円のまま変わりません。

クレジットカード支払いでは 800 円 × 24 回払い、口座振替では 19,200 円 を代金引換により一括払い ( +代金引換手数料 400 円)となります。

この部分も総務省が推し進めている、スマホの端末代金と通信料金の分離に沿った内容になっていますね。

1-4.SIMカードのみのプランがある

BIGLOBE WiMAX2+ では、上記のように端末代金がかかるようになりましたが、「SIMカードのみ」の申し込みもできるようになりました。

利用例としては、まだまだ現役で使えるWiMAX2+の端末を持っている人、もしくは中古で端末を安くゲットして、「SIMカードのみ」を申し込むと端末代金 19,200 円 (税抜) を支払う必要がないので安上がりです。

1-5.LTEオプションは有料に

今までの 3 年契約プランでは無料で使うことが出来た「LTEオプション」が、新料金プランでは有料となります。オプション料金は使った月に 1,005 円 (税抜) がかかります。

ただ、個人的な意見にはなりますが、WiMAX2+ を使っていてLTEオプション (WiMAX2+の回線に加えて、au 4G LTE の回線も使えるようになる) を使ったことはありません。

使用用途は、モバイルタイプの端末を使っていて、どうしても WiMAX2+ の電波が届きづらい場所でネット環境が必要になった時に限られると思います。

2.キャンペーン・割引きはないの?

BIGLOBE WiMAX2+ の新料金プランには、15,000 円のキャッシュバック特典が付いています。受け取れるまでの期間も短く設定されていて、「サービス開始の翌月」にキャッシュバックを受けることができます。

また、WiMAX2+ に共通する割引きにはなりますが、au スマホのユーザーはセット割「au スマートバリュー mine」で、スマホ代が毎月最大 1,000 円の割引き。

UQ mobile のユーザーはセット割「ギガMAX月割」があり、スマホ代が契約プランによって、毎月 500 円、もしくは 300 円の割引き受けることができます。

→ 公式サイト【BIGLOBE WiMAX2+】:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

3.実質料金を計算してみる

ここで、今までお伝えした月額料金とキャンペーン、また、端末代・事務手数料の初期費用も含めて BIGLOBE WiMAX2+ の支払い料金を見ていきましょう。

3-1.データ端末+SIMカードの場合

BIGLOBE WiMAX2+ の契約期間は 12 ヶ月間ですが、クレジットカード払いの場合は端末代金が24回払いとなるため、その期間の合計金額と、それを月数 (利用開始月+12ヶ月) で割った月平均の金額を計算します (税抜) 。

 BIGLOBE WiMAX 2+
事務手数料3,000 円
端末代800 円×24 回払い
利用開始月0 円
月額料金 1~24 ヶ月目3,980 円
キャッシュバック15,000 円
合計102,720 ‬円
月平均4,109 円

3-2.SIMカードのみの場合

上記同様に契約期間は 12 ヶ月間ですが、SIMカードのみで申し込む場合は端末代金がかかりませんので 、単純に契約期間の月数 (利用開始月+12ヶ月) で割った月平均の金額を計算します (税抜) 。

 BIGLOBE WiMAX 2+
事務手数料3,000 円
端末代なし
利用開始月0 円
月額料金 1~12 ヶ月目3,980 円
キャッシュバックなし
合計50,760 ‬円
月平均3,905 円

これだけでは、新料金プランがお得かどうかはよくわかりませんので、次に、僕が調査している中で、お得な他の WiMAX2+ の料金を同じように計算して比べてみます。

3-3.他の WiMAX2+ と料金を比較

ここから、BIGLOBE WiMAX2+ の利用料金を他の WiMAX2+ と比べてみます。

比較対象は、高額キャッシュバックでお得度 No.1 の「GMOとくとくBB」と 2 番目にお得な「DTI WiMAX2+」です。

GMOとくとくBB、DTI WiMAX2+ の契約期間は 3 年間なので、合計金額を契約月数 (利用開始月+36 ヶ月) で割って実質料金 (月平均 )を計算します (税抜) 。

GMOとくとくBBDTI WiMAX2+
事務手数料3,000 円3,000 円
端末代0 円0 円
利用開始月3,609 円 (日割り)0 円
1ヶ月目3,609 円0 円
2ヶ月目3,609 円2,590 円
3~36ヶ月目4,263 円3,760 円
キャッシュバック27,000 円
合計131,769 円133,430 円
月平均3,561 円3,606 円

※ DTI WiMAX2+ は、指定のクレジットカード (NTTグループカード) を新規申し込み、支払いに設定するとクレカ会社から 6,000 円のキャッシュバックを貰うことができます。

キャンペーンは、「GMOとくとくBB」が高額キャッシュバック、「DTI WiMAX2+」は月額料金の割引きです。

そして、先に計算をした BIGLOBE WiMAX2+ と、上記 2 つの月平均の実質料金をお得な順に並べてみると次のようになります。

  1. GMOとくとくBB:3,561 円
  2. DTI WiMAX2+:3,606 円
  3. BIGLOBE WiMAX2+「SIMカードのみ」:3,905 円
  4. BIGLOBE WiMAX2+「データ端末+SIMカード」:4,109 円

こうして見てみると、BIGLOBE WiMAX2+ は実質料金では GMOとくとくBB や DTI WiMAX2+ よりも高くなってしまうことが分かりました。

おわりに

いかがでしたでしょうか? 最後に、おさらいを兼ねて新料金の大きな特徴をまとめておきます。

  • 契約期間が 1 年間 (自動更新ナシ)
  • 契約解除料が 1,000 円
  • 月額料金が完全定額
  • 端末代金がかかる
  • SIMカードのみのプランがある
  • LTEオプションは有料に

BIGLOBE WiMAX2+ の新料金プランは契約期間が 1 年で自動更新もナシ、契約解除料が 1,000 円となりました。

WiMAX2+ の提供会社の中でも一番、解約金縛りが弱いサービスとなったため、「WiMAX2+ をなるべく解約金に縛られずに使いたい」という人に向いています。

そして、「SIMカードのみ」で今まで使っていた端末を、そのまま使うことができるのも他社にはないポイントです。

→ 公式サイト【BIGLOBE WiMAX2+】:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

WiMAX2+ を少しでもお得に使いたいという人は「GMOとくとくBB」、キャッシュバックの手続きが面倒なら「DTI WiMAX2+」を選ぶのが正解です。

→ 公式サイト【GMOとくとくBB】:https://gmobb.jp/wimax/

→ 公式サイト【DTI WiMAX2+】:https://dream.jp/mb/wm/

WiMAX2+を選ぶなら、自分の希望に合ったところを賢く選んでお得に使っていきましょう。

 

SNS でシェアのお願い

最後まで読んで頂き、ありがとうございます (^^*

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました