光回線もWiMAXも使えない地域 (涙) でのネット回線の選び方

手すりに座ってノートPCを見ている女性 Wi-Fi
この記事は約5分で読めます。

光回線も引けないし、WiMAX の電波も十分に入らない地域でネット回線に迷っているなら、LTE (スマホの電波) を使ったネット回線がオススメです。

山間部や都市から離れたところに住んでいても、PC とネット回線があれば今は何でもできますが、ネットすら使えないとなると本当に陸の孤島になってしまい不便すぎますよね。数年前までであれば使えた ADSL も、今はもう新規申し込みができなくなっています。

LTE を使ったネット回線なら携帯大手キャリアの提供エリアで使え、日本全国の99%はカバーされていて順次拡大もしています。他のネット回線が引けなくても使える可能性は高いという訳です。

今やスマホは非常時のライフラインにもなる物なので、スマホの電波が入らない地域は、どんどん少なくなってきています。

この記事を読めば、今までネット回線が使えなかった地域でも、快適なネット環境が手に入る可能性は高まりますよ。

それでは、具体的に見ていきましょう。

LTEを使ったネット回線とは?

大手携帯キャリア (docomo, au, SoftBank) の回線を使ったモバイル Wi-Fi です。

固定回線に比べて外に持ち運びもできるので、移動中にスマホや iPad・タブレットもネット接続ができるので利便性も高いのもポイントです。

データの通信制限が気になる?

一般的に LTE のモバイル Wi-Fi はスマホと仕組みが同じなので、一定のデータ通信量を超えてしまうと通信制限を受けてしまいます。

例えば、1ヶ月で 30 GB が上限だった場合、月の途中で 30 GB 超えてしまうと月末まで 128 Kbps の超低速になってしまい、ほとんど使い物にならなくなってしまいます。

その他にも混雑回避のために、3 日間で 10 GB を使うとその後の数時間、約 1 Mbps に制限されるサービスもあります。

これだと、PC でネットを使う場合で、特に YouTube や動画配信サービスを頻繁に使う人にとっては、かなり厳しい条件と言えますよね。

通信制限がないモバイル Wi-Fi がある

そんな中で通信制限がない「NEXT moible」というモバイルWi-Fiがあります。そのため、 LTE のモバイル Wi-Fi の中にあってギガ不足とは無縁です。

通信制限なしのメリットも含めて NEXT mobile には、下のような特徴があります。

  • 通信制限がない
  • 月額料金が手頃:3,100 円
  •  SoftBank 回線を使っていてつながりやすい
  • キャンペーンで端末 0 円

通信制限がない「使い放題プラン」の他に、月間上限が 20 GB、30 GB の料金プランもありますが、使い切ってしまうと物凄く低速 (128 kbps) になってしまうため、個人的にはおすすめしません。

NEXT mobile についての詳細は「通信制限なし!NEXT mobileの評判/口コミ・5つのメリット・4つの注意点とは」も合わせて参考にしてください。

→ 公式サイト:NEXT moible

ちなみに、NEXT mobile を使ってみて満足できない時は解約金なしで他のネット回線に乗り換える「いつでも解約サポート」というサービスもありますが、選択肢として NEXT mobile 側で紹介する光回線などになるので、それらが使えない地域では前提として、いつでも解約サポートは適用できないと考えた方が良いでしょう。

必ず提供エリア判定をしよう

この NEXT mobile (もしくは他のモバイルWi-Fi) を申し込む前には、必ず提供エリア判定をしておく必要があります。

いくら SoftBank 回線を使っていると言っても、提供エリアでなければ意味がありませんよね。実際に、NEXT moibleの Web サイトでもエリア判定ができるので確認しておきましょう。

もし、提供エリアの赤色じゃなかった時でも、電話やチャットで相談ができるようになっているので、ダメ元で相談してみましょう。

使って万一ダメなら初期契約解除がある

NEXT mobile を使ってみてまったく使い物にならなかった場合に、8 日以内であれば初期契約解除が可能です。いつでも解約サポートは使えないかもしれませんが、こちらなら万が一、快適に NEXT mobile が使えなかった時に解約手数料を支払うことなく解約することができます。

具体的な期限としては、サービス契約書面を受け取った日から起算して 8 日以内に、初期契約解除申請書を端末一式に同梱して発送する必要があります。

8 日のカウントとしては発送日ベースになります。そのため、発送日が申請期限の「契約書面を受け取った日から 8 日」を過ぎていたら受け付けてもらえませんので注意が必要です。

また、端末は精密機器のため、返送する時はプチプチで巻くなり、一回り大きい箱に入れて緩衝材を入れるなど保護しましょう。壊れてしまうと後述する機器損害金が発生してしまいます。

初期契約解除の方法

  1. 初期契約解除申請書を印刷する
  2. 必要事項 (契約ID、契約者名、契約電話番号、契約者住所) を記入する
  3. 端末一式に、上記の申請書を同梱する
  4. 「佐川急便」「ヤマト運輸」「ゆうパック」のどれかで下記住所まで返送する
    ※ 配達伝票の品名に「初期契約解除」と記載すること。(記載がないと初期契約解除の手続きが遅れる可能性あり)

<返送先>
〒289-1608 
千葉県山武郡芝山町岩山2313-4 丸全昭和運輸㈱ D棟3F
NEXTmobileサービス受付窓口

ちなみに、電話でも初期契約解除の申請はできるようです。

<グッドラックサポートセンター:0570-015-154 月~土 11:00~18:00>

ユーザー側でかかる費用

初期契約解除をすると解約手数料はかかりませんが、契約時の事務手数料の 3,000 円はそのままかかります。また、端末一式を送り返すための送料もユーザーの負担となります。

また万が一、「端末を返送していない/欠品がある/端末が壊れている・故障している」といった場合は、機器損害金として最大 40,000 円が請求されてしまうので要注意。

ただあまり心配しなくても、送られてきたままの端末一式に初期契約解除申請書を入れて、きちんと梱包して送れば大丈夫ですよ。

NEXT mobile 初期契約解除について

最後に

光回線やWiMAXが使えなくても、スマホさえ使えればLTEのモバイルルーターは使えます。

もし、今の場所で「ここじゃ、もう光ファイバーが通るまでネットが使えないなぁ…」と諦めているなら、この記事を参考に通信制限のない NEXT moible を検討してみてはいかがでしょうか?

 

SNS でシェアのお願い

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました