スマホだと通信制限が不安?動画コンテンツを思う存分楽しむための方法

iPhoneをWiMAXでWi-Fi接続 WiMAX

通勤中やカフェでの空いている時間に、スマホで Netflix・YouTube などの動画を楽しみたいのに通信制限に引っかかってイライラ、また通信制限が気になって心置きなく楽しめないことはないですか?

その解決策としては、スマホとモバイルルーターの WiMAX2+ の併用をすることです。

理由は、WiMAX2+ なら通信制限のハードルがかなり低い上に高速通信対応なので、通信制限を気にすることなく思う存分動画を楽しむことができるんです。

この記事では、スマホだけの場合と、WiMAX2+ を一緒に使ったときの通信制限のラインや速度、制限を受ける日数の比較、また料金がどのくらい変わってくるのかもお伝えしていきます。

最後まで読んでもらえれば、WiMAX2+ がスマホでの動画視聴に必要な理由がわかりますよ。

スマホでデータ通信した時の制限ラインを比較

まずは、スマホ単体で使った場合と、 WiMAX2+ も合わせて使った場合のデータ通信の制限ラインを見ていきます。

スマホでのデータ容量はプランによって違います。例えとして挙げますが、この記事を執筆している時点でドコモは、月間 ~7 GB、もしくは 30 GB で上限ラインとなっています。このラインを超えてしまうと、速度制限がかかってしまいます。

対して、 WiMAX2+ を併用した場合は、月間でデータ通信の上限はなし。

ただし、混雑回避のため、連続した 3 日間で 10 GB を使うと速度制限がかかる仕様にはなっていますが、後述するようにかなり緩い制限となります。

スマホと WiMAX2+の通信制限時の速度を比較

次に、速度制限を受けてしまったときの通信速度を比較していきます。

スマホの場合は契約しているプランのデータ容量を超えてしまうと 128 kbps に速度制限されてしまいます。

速度制限を受けて経験したことがある人もいると思いますが、128 kbps だとテキストの送受信くらいがいいところで、動画を観るどころか、Web サイトや SNS アプリも満足に使えなくなってしまいます。

WiMAX2+ を併用する場合、連続した 3 日間で 10 GB を超えると 1 Mbps に速度制限されます。

1 Mbps の速度がどれくらいなのかと言うと、YouTube の標準画質が観られるほどなので、制限を受けたとしても動画視聴や Web サイトを見に行く、その他アプリの利用にも耐えられます。ただ、高画質で動画を観たい、大量のデータ通信が必要な場合は難しいでしょう。

通信制限はどのくらいで解除までの日数を比較

続いて、通信制限を受けた場合にどのくらいで解除されるのか?という点を見ていきます。

スマホの場合は知っている人も多いと思いますが、プランのデータ容量を使いきった後は、月末まで 128 kbps という低速のままとなってしまいます。

月末が近ければまだ良いですが、月末までの日数が長いと、スマホを使うたびにイライラしてストレスの元になってしまいます。

WiMAX2+ を併用している場合は、10 GB を使った連続3日間の翌 18 時から翌々 2 時頃までの約 8 時間は 1 Mbps の速度となるので、スマホ単体の場合に比べて制限の影響度ははるかに少ないと言えます。

スマホと WiMAX2+ を使ったときの料金はどうなの?

スマホだけで考えた場合、動画を頻繁に見るのであれば、ひと月に 7 GB あたりじゃデータ容量が足らない可能性が高くなります。

となると、20 GB・30 GB・50 GB…など大容量のプランが必要となります。

携帯キャリアの大容量プランの料金を見てみると下のようになります (すべて定期契約あり) 。

キャリアデータ容量月額料金
docomo30 GB6,980 円
au25 GB7,150 円
SoftBank50 GB7,480 円

これに通話のかけ放題の料金やオプション料金、また初年度の割引き、家族割引が入ってきます。

そして、月の途中で通信制限になってしまい 1 GB のデータ容量を追加をすると、1,000 円ずつ割高な料金がかかります。

WiMAX2+ の月間のデータ通信に制限がないプランは、月額料金が約 4,300 円前後となります。これにキャッシュバック、または月額料金に対する大幅割引のキャンペーンが使えるので実質はもっと低く抑えることが可能です。しかも、WiMAX2+ の端末代は 0 円です。

上で書いたように、直近の 3 日間で 10 GBを使うと、1 Mbpsの速度制限を 8 時間ほど受けますが、制限を受けながら使ったとしても、ひと月に 100 GB 以上使うこともできるので、スマホで大容量のプランを使うよりもコストパフォーマンスに優れていると言えます。

WiMAX2+ を併用するなら、データ通信は WiMAX2+ に任せてしまえるので、スマホの料金は少ないデータ容量のプランに落とせば通信費全体を節約することもできます。

また、スマホを格安 SIM の UQ mobile にすることで、WiMAX2+ とのセット割が受けられて、スマホと WiMAX2+ で 6,060 円~使えるようになります。

もし今、スマホのみで使っている料金と、スマホのプランを落とし WiMAX2+ を併用して使った場合の合計金額がほぼ同じようであれば、WiMAX2+ を併用した方が通信制限が緩い分、使い勝手は良くなります。

まとめ

スマホでの動画コンテンツをデータ容量を気にせず思う存分、楽しむために WiMAX2+  を併用する方法をお伝えしてきました。

最後に、スマホだけで使う場合と、WiMAX2+ を使った場合の通信制限の違いを表でまとめておきます。

 スマホのみWiMAX2+ 併用
制限ライン・月間で○○GB
(契約プランによる)
・月間で上限なし
・直近 3 日間で 10 GB
制限速度128 kbps1 Mbps
制限日数月末まで翌 18 時から翌々 2 時頃まで

スマホ単体で大容量のデータプランを使うよりも、スマホのプランを落として WiMAX2+ を併用した方が費用的に低くなる可能性もあります。

何よりも WiMAX2+ 自体の通信制限が緩いので、通勤中の電車の中や休日に立ち寄ったカフェなどでスマホのデータ容量は気にならずに、動画を思う存分楽しむことができます。

この方法は、毎日の通勤時間に動画コンテンツを観ている人には特に向いていると思いますし、動画を観る以外にもゲームアプリでよく遊ぶ人にもおすすめですよ。

スマホの通信制限が気になっていて、どうしたらいいか困っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

【9月】WiMAX2+ キャンペーン総合ランキング

GMOとくとくBB

プロバイダーの GMOとくとくBB が提供している WiMAX2+ です。

キャンペーンとして 32,500 円のキャッシュバックがもらえ、WiMAX2+ の提供会社の中では断トツの還元率を誇ります。

キャンペーンだけでなく、他の提供会社にない特徴としては、端末の即日発送に対応しているのでなるべく早くネット環境が欲しい人に向いていること。

そして万が一、使ってみて速度などに満足ができない時は20日間以内であれば無料解約ができる点です。WiMAX2+をはじめて使う人にとって不安がなく始められる内容です。

DTI WiMAX 2+

プロバイダー DTI の WiMAX2+ サービスです。

キャンペーンはシンプルで月額料金大幅に割引きで、月額 2,590 円~ 使うことができます。さらに、はじめの2ヶ月間は 0円 。

※ 月額料金の割引を特典としているWiMAX提供会社の中ではキャンペーン価値 No.1

メリットとしては、キャンペーンの月額割引きが自動的に適用されるので、キャッシュバックのように申請したりする必要がなく、必ずキャンペーンを受けられるのがポイントです。

また、NTTグループカードを新規で同時申し込みして、支払い方法に指定すると月 500 円× 12 ヶ月分がキャッシュバックされます。

Broad WiMAX

LinkLife という新興のネット回線事業者が提供しているWiMAXです。

業界最安値級という謳い文句で、月額料金の大幅割引をキャンペーンとしています。月額料金は2,726円~。

他にない特徴として、他社のモバイルWi-Fiサービス (WiMAX, Sofbank Air, Y!mobile の Pocket WiFi) から乗り換える場合、解約金を最大19,000円まで負担してくれます。

また万が一、Broad WiMAXで満足できない場合は、LinkLifeが勧める他の光回線に解約金なく切り替えすることが可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました