【L01と比較】ホームルーター HOME L02 の速度・外観をレビュー

HOME L02の本体画像 ホームルーター

WiMAX2+ を乗り換えたタイミングで、端末も下り最大 1.0 Gbps のホームルーター「HOME L02」へと変更しました。ここでは、HOME L02 の実際に使ってみたレビューをしていきます。

また、今まで使っていた HOME L01 を比較対象としてスピードテストや、外観の比較をしています。

個人的な意見にはなりますが、僕が実際に使った使用感が分かりますので、HOME L02 やホームルーター自体を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

まずは HOME L02 を開封

ワクワクしながら、HOME L02 の製品箱を開封してみました。中身はこんな感じです↓

HOME L02 の内容物
HOME L02 の内容物

本体の他に、AC アダプター・電源ケーブル、LAN ケーブル、WiMAX2+ 用の SIM カード、取説・保証書類等が入っています。

そして、本体底面にあるスロットに SIM カードを指します。

HOME L02とWiMAX2+のSIMカード
HOME L02と SIM カード

電源をつなぐとスイッチが ON になります… が、なんだかインジケーターの「Mode/Update」ランプがオレンジ色に光っています↓

HOME L02とPC、その1

きっと「ファームウェアか何かの Update があるよ」という事だと思うので、説明書を見ずに天面についている Update ボタンをとりあえず長押しすると、 「Mode/Update」ランプが点滅しだして、そのうちグリーンに変わりました… やった事は合っていたようです。

何より気になる通信速度を測ってみた

さて、ここから HOME L02 でどのくらい通信速度が出るのかスピードテストをしていきます。まずは、比較対象とするために旧端末の HOME L01 でのスピードテストをしました。

テスト方法ですが、PC では Wi-Fi (2.4 Ghz) と LAN ケーブルでの接続 (PC は型が古いため Wi-Fi が 2.4 Ghz のみ ) 。スマホは Wi-Fi (5.0 Ghz) のみで接続でテスト。

スピードテストサイトは Google のインターネット速度テストを使用。 時間は祝日の午前 9:30 ~ 10:30 で、 それぞれ 3 回ずつテストしました。

HOME L01 でのスピードテストは下のようになりました。(単位は Mbps)

L01 PC Wi-Fi
(2.4 Ghz)
PC LAN スマホ Wi-Fi
(5.0 Ghz)
向き 下り 上り 下り 上り 下り 上り
1回目 7.08 8.13 8.43 10.8 33.2 12.9
2回目 5.02 7.70 13.2 10.5 22.4 13.9
3回目 2.81 8.15 15.3 10.7 26.5 14.3
平均 4.97 7.99 12.3 10.7 27.4 13.7

LAN ケーブルの接続時で下り平均 12.3 Mbps と一人で使う分には十分な速度。2.4 Ghz のWi-Fiではバラつきがあり、下り平均が 4.97 Mbps といまいち。5.0 Ghz の Wi-Fi は平均 27.4 Mbps と大幅にスループットが大きく上がっていますね。

PC とスマホの違いはあるものの、LANケーブル接続よりも 5.0 Ghz の Wi-Fi の方が速いのには驚きです。

今度は、新しく届いた HOME L02 で、どのくらい速度が出るのか期待しながらテストしました。 下り最大 1 Gbps をうたっている製品なので、これで通信速度が上がらなかったらガッカリ過ぎます…

すると、「お?…おお!」とけっこういい数字が出ました!(LAN ケーブル接続時の画像↓)

Google スピードテストの結果例

それぞれの条件でテストしましたが、すべて L01 の速度を上回る嬉しい結果に終わりました。

L02 PC Wi-Fi
2.4 Ghz
PC
LAN ケーブル
スマホ Wi-Fi
5.0 Ghz
向き 下り 上り 下り 上り 下り 上り
1回目 28.3 8.43 40.2 10.0 35.1 12.6
2回目 19.4 12.0 48.3 9.29 35.2 9.97
3回目 23.9 5.83 49.4 11.1 34.4 11.8
平均 23.9 8.75 46.0 10.1 34.9 11.5

L01 のテスト結果と比べると、明らかに PC での接続時に、下りの速度が大幅に向上しました。上りは、ほぼ同じような結果です。

スマホの Wi-Fi での接続時は約 7.5 Mbps ほど上がりましたが、これは 5.0 Ghz のWi-Fi は元々速度が無駄なく速いということだと思います。

条件ごとにどれくらい違うのか比較するため、2 つの結果の平均を並べてみます。

平均 PC Wi-Fi
2.4 Ghz
PC
LAN ケーブル
スマホ Wi-Fi
5.0 Ghz
向き 下り 上り 下り 上り 下り 上り
L01 4.97 7.99 12.3 10.7 27.4 13.7
L02 23.9 8.75 46.0 10.1 34.9 11.5

L01 に比べて、L02 は下りの通信速度が大幅に上がっているのが分かります。正直、僕のネットの使い方 (ブログを書く、動画コンテンツを観る、Web サイトを見る) でこの速度は必要十分過ぎますし、HOME L02 にした甲斐がありました!

L02 は、製品自体の性能が上がっているため、WiMAX2+ 電波の WAN 側、Wi-Fi や LAN ケーブル接続の LAN 側と全体的に通信速度が上がる結果になったのだと思います。

速度制限時のスピードテストもしてみた

僕が契約している WiMAX2+ のプランは月間のデータ通信量に制限のない「ギガ放題」ですが、混雑回避のため 3 日間で 10 GB を使ってしまうと、次のような速度制限を受けてしまいます。

  • 速度は概ね 1 Mbps 程度
  • 制限時間は、3 日間の翌 18 時~翌々 2 時頃までの約 8 時間ほど

ちょうどよく、Netflix で 30 分のアニメを 10 本ほど一気見してしまい、10 GB を超えてしまったので、ついでに HOME L02 で速度制限時のスピードテストをしてみました (だいたいの計算ですが 30 分のコンテンツ 1 本あたり 1 GB くらいでしょうか)。

ちなみに、3 日で 10 GB を超えると HOME L02 前面のインジケーターの一番下「Data Usage」ランプが黄色く光って教えてくれます。

設定画面で確認すると、やっぱり超えていました↓↓ 「前日までの3日間」が上記のコンテンツを観たデータ使用量です。

HOME L02:3日間で10GBを使った確認画面

スピードテストの方法は上と一緒で3パターンで、結果は下のようになりました。

 
PC
LAN ケーブル
PC
Wi-Fi 2.4 Ghz
スマホ
Wi-Fi 5.0 Ghz
下り 上り 下り 上り 下り 上り
1回目 1.13 0.66 1.31 0.98 1.15 0.98
2回目 1.08 0.98 1.07 0.96 1.11 0.98
3回目 1.08 0.66 1.10 0.96 1.17 1.00
平均 1.10 0.77 1.16 0.97 1.14 0.99

結果を見てもらうと分かるように、キレイに上りも下りも 1 Mbps 付近で制限されていますね。どの接続方法でも速度に差はありませんでした。

スマホや他の Wi-Fi ルーターによくある、「月末まで 128 kbps に制限される」通信サービスと比較すると、かなり緩い速度制限・制限時間なので助かります。

僕のように、この速度制限を受けてしまっても制限される以外の時間は普通に使えるので、ユーザーに優しいと思います。

HOME L02 の外観もチェック

外観も旧端末の HOME L01 と比較しながら見ていきます。写真は左が旧端末の L01、右が最新端末の L02 です。

まず正面からですが、L02 は旧端末に比べて角が丸みを帯びていてコロッとした柔らかい印象となっています。正面のインジケーターも1本のラインのようになっていて、L01 よりも見やすくなっていると思います。

HOME L01とHOME L02:前面

HOME L01 (左) とHOME L02 (右) :前面

背面ですが L01 にはあった USB ポートが L02 ではなくなっています。あまり使っていませんでしたが、USB ケーブルでスマホに充電という使い方はできなくなっています。

また、ボタン一つで Wi-Fi につなげることができる「WPSボタン」は L01 では前面にありましたが、L02 では背面に移っています。デバイスごとに初めの 1 回しか使わないので、背面でちょうど良いくらいですね。

HOME L01とHOME L02:背面

HOME L01 (左) とHOME L02 (右) :背面

L02 では、前面にボタンは一切なくなり、代わりに天面に「Update」ボタン、「Mode」ボタンが付いています。

HOME L01とHOME L02:天面
HOME L01 (左) とHOME L02 (右) :天面

個人的な感想ですが、前面にボタンがあると押すときに手が滑って奥に倒してしまいそうになります。なので、L02 のようにボタンは天面や背面に合った方が安全に押せるような気がします。

まとめ

スピードテストをした時間帯は比較的ネットワークが混んでいない時ではありますが、HOME L01 と比べた結果を見る限り、HOME L02 では通信速度は上がっていると見ることができます。

特に、LAN ケーブルでの接続では Wi-Fi に比べて通信速度も安定させることができました。

  • LAN ケーブルでの下り速度は L02 が L01 の約 4.8 倍
  • Wi-Fi (2.4 Ghz) での下り速度は L02 が L01 の約 3.7 倍
  • Wi-Fi (5.0 Ghz) での下り速度は L02 が L01 の約 1.3 倍
  • 上り速度はどの接続でもほぼ変わらず。

また、L01 と同様に L02 もインテリア性が高く、すっきりしたデザインのため、見えるところに置いても違和感はありません。

結果として、通信速度が満足できる数値だったため、HOME L02 は機種変更して正解でした!個人的にオススメできるホームルーターですよ。

家のネット回線をホームルーターにしようか迷っている人に、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

【8月】WiMAX2+ キャンペーン総合ランキング

GMOとくとくBB

プロバイダーの GMOとくとくBB が提供している WiMAX2+ です。

キャンペーンとして 35,000 円のキャッシュバックがもらえ、WiMAX2+ の提供会社の中では断トツの還元率を誇ります。

キャンペーンだけでなく、他の提供会社にない特徴としては、端末の即日発送に対応しているのでなるべく早くネット環境が欲しい人に向いていること。

そして万が一、使ってみて速度などに満足ができない時は20日間以内であれば無料解約ができる点です。WiMAX2+をはじめて使う人にとって不安がなく始められる内容です。

DTI WiMAX 2+

プロバイダー DTI の WiMAX2+ サービスです。

キャンペーンはシンプルで月額料金大幅に割引きで、月額 2,590 円~ 使うことができます。さらに、はじめの2ヶ月間は 0円 。

※ 月額料金の割引を特典としているWiMAX提供会社の中ではキャンペーン価値 No.1

メリットとしては、キャンペーンの月額割引きが自動的に適用されるので、キャッシュバックのように申請したりする必要がなく、必ずキャンペーンを受けられるのがポイントです。

また、NTTグループカードを新規で同時申し込みして、支払い方法に指定すると月 500 円× 12 ヶ月分がキャッシュバックされます。

Broad WiMAX

LinkLife という新興のネット回線事業者が提供しているWiMAXです。

業界最安値級という謳い文句で、月額料金の大幅割引をキャンペーンとしています。月額料金は2,726円~。

他にない特徴として、他社のモバイルWi-Fiサービス (WiMAX, Sofbank Air, Y!mobile の Pocket WiFi) から乗り換える場合、解約金を最大19,000円まで負担してくれます。

また万が一、Broad WiMAXで満足できない場合は、LinkLifeが勧める他の光回線に解約金なく切り替えすることが可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました