Wi-Fi (無線LAN) の規格を分かりやすく解説したよ

Wi-Fi (無線LAN) ルーター Wi-Fi

普段何気なく使っている Wi-Fi (無線LAN) ですが、これには規格があります。どういうものか知っていますか? 

実はどの規格で接続するか、機器がどの規格に対応しているかによって、実際の通信速度にも違いが出てきてしまうので、少しは知識として知っておく方が良いでしょう。

今回は Wi-Fi (無線LAN) の規格について、なるべく分かりやすくお伝えしてみます。

そもそも Wi-Fi (無線LAN) の規格ってどういうの?

Wi-Fi (無線LAN) の規格は「802.11」というように表され、この後にアルファベットが続きます。

例えば、802.11a といった具合です。

逆にこのタイプの表記を見かけたら、 Wi-Fi (無線LAN) の規格のことを言っているんだなという判断ができます。

この表記は国際的な基準で決まっているので、「分かりづらいな…」と思うかもしれませんが、こればっかりは慣れるしかないと思います。

アルファベットで何が違うの?

上で「802.11 の後にアルファベットが来る」と書きましたが、このアルファベットの意味と種類をここで説明しますね。

違いを一言で言うと、「通信速度」が違うという事です。

下の表を見てください。規格の種類と通信速度です。

規格通信速度周波数
802.11b最大 11 Mbps2.4 Ghz帯
802.11a最大 54 Mbps5 Ghz帯
802.11g最大 54 Mbps2.4 Ghz帯
802.11g最大 600 Mbps2.4 / 5 Ghz帯
802.11ac最大 1.3 Gbps5 Ghz帯

下に行くに連れて通信速度が上がっていっているのが分かると思いますが、この記事を書いている現時点で最新の規格は 802.11ac となっています。

また、規格は新しく作られいくので、その技術が無線 LAN 機能を搭載したルーターに実装されるようになると、普段、職場や家や外の Wi-Fi スポットで使っている Wi-Fi (無線LAN) がもっと速く便利になっていきます。

2.4 Ghz と 5 Ghz の違い

上の表で周波数という項目があり、2.4 Ghz と 5 Ghz と 2 種類あるのに気付いた人もいると思います。

周波数と聞くと何やら小難しそうに聞こえると思いますが、ここではサラッとだけ説明しておきますね。

Wi-Fi (無線LAN) は目には見えない電波で、周波数があります。ラジオもそうですし、スマホで使っている電波も周波数で違いがあります。

さて、 2.4 Ghz と 5 Ghz がどう影響してくるのかという事ですが、僕自身は下のように認識しています。

  • 2.4 Ghz は通信速度が遅く、接続距離は 5 Ghz より長い
  • 5 Ghz は通信速度が速く、接続距離は 2.4 Ghz より短い

2.4 Ghz 帯は Wi-Fi (無線LAN) だけでなく、電子レンジなどの家電でも使う周波数帯のため干渉を受けて通信速度が低下してしまいがちですが、、比較的距離があっても接続はできます。

 対して、5 Ghz の場合はあまり高速で通信出来ますが、接続できる距離はあまり長くはありません。

接続は同じ規格同士でつながる

「速度が速いなら 5 Ghz が使える 802.11ac でつなげばいいじゃん」と思うかもしれませんが、それには親機側 (無線 LAN ルーター・モバイルルーター) と子機側 (PC・スマホ・タブレット) が同じ規格に対応していないと使えません。

例えば、親機側の無線 LAN ルーターが 802.11ac まで対応していても、子機となる PC が少し古めのもので 5 Ghz 自体に対応していない場合、802.11b/g/n の 2.4 Ghz でしかつなげられません。

必ず親機側と子機側が同じ規格に対応している必要があります。

ちなみに、 Wi-Fi (無線LAN) で接続するときはご存知のように、特に規格を意識する必要はありません。

接続する子機側の Wi-Fi 設定で「SSID」という電波の名前が見えるので、それを選べばいいだけです。

親機・子機側が 2.4 Ghz / 5 Ghz の両方に対応しているなら、SSID は 2 種類見えるはずで、どちらに接続するかはユーザーが選べます。逆にどちらかが 2.4 Ghz のみに対応している場合は、SSID はひとつしか見えません。

下のスクリーンショットは僕のスマホの Wi-Fi 設定画面です。上から 2 つが、使っているホームルーターの SSID で、一番上の “_5G” と付いている方が 5 Ghz での接続を意味します。2 番目は 2.4 Ghz で接続するSSIDです。

ちなみに、僕のノート PC は少し型が古く 5Ghz の Wi-Fi に対応していなので、5Ghz の SSIDは見えません。

また、外で使える無料 Wi-Fi では、2.4 Ghz と 5 Ghz の SSID が同一になっていて、接続する機器が勝手に対応している規格で接続するようになっていたりもします (この場合、5 Ghz での接続が優先されます)。

まとめ

少し難しいと感じた部分もあるかもしれませんが、Wi-Fi (無線LAN) の規格についてお伝えしてきました。いかがだったでしょうか?

最後におさらいです。

 周波数通信速度通信距離
802.11 b/g/n2.4 Ghz遅くなりがち長め
802.11 a/n/ac5 Ghz速い短め

普段、何気なく使っている Wi-Fi ですが、規格の意味を知っておくと、自分が使っている機器がどれに対応しているかも製品仕様を見ればわかりますし、新しい PC やスマホを買う時に、低価格の製品には無線LAN が 802.11b/g/n のみ対応 (2.4 Ghz だけ) の物があると見分けることもできますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました