ドコモ光が10ギガ開始!提供エリアに料金プラン、注意点やキャンペーンまとめ

10ギガサービスに感動した審査員たち光回線
この記事は約6分で読めます。

ドコモが提供している光回線「ドコモ光」に、下り最大 10 Gbps のサービス「ドコモ光10ギガ」が出てきました。料金プランや対象エリアなど気になる人も多いのではないでしょうか。

今回は、そのドコモ光10ギガの提供エリアや料金プラン、注意点とキャンペーンの内容をお伝えします。

少しでも速く使える光回線に興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

それでは、早速見ていきましょう。

ドコモ光10ギガはどこで使えるの?

まずは、この超高速光回線がどのエリアで使えるのかが気になるところ。チェックしてみましょう。

東日本エリア大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・足立区・葛飾区・江戸川区の一部
西日本エリア大阪府大阪市
愛知県名古屋市

やはり、最初は使えるエリアはかなり限られてしまいます。新しい通信サービスは人口の多い東名阪で始まって、少しずつエリアを拡大していくパターンのように思います。

提供開始はそれぞれ違う

ドコモ光10ギガは、エリアによって申し込み受付と提供開始日が違いますので注意しましょう。

 受付開始日提供開始日
東京23区内2020年3月23日(月曜)2020年4月1日(水曜)
大阪市2020年4月1日(水曜)2020年4月13日(月曜)
名古屋市2020年5月11日(月曜)2020年6月1日(月曜)

月額料金はどのくらいかかるの?

ドコモ光は選ぶプロバイダーによって月額料金が違います。また、ドコモ10ギガは通常のドコモ光とは対応プロバイダーが違ってきます。

下の表に対応プロバイダーごとの月額料金と諸費用もまとめてみます (税抜) 。ちなみに、戸建てプランのみの提供になります。

 タイプAタイプB
事務手数料3,000 円3,000 円
月額料金6,300 円6,500 円
対応プロバイダードコモnet
plala
GMOとくとくBB
andline
hi-ho
BB.excite
AsahiNet
開通工事費18,000 円18,000 円

タイプAの方が、タイプBよりも月額 200 円安く使うことができますね。

この月額料金は 2 年の定期契約となるので、契約更新月以外で解約をした場合は、13,000 円 (税抜) の解約金がかかります。

開通工事費については、後述するキャンペーンで同額分のdポイントをもらうことができますよ。

ドコモ光10ギガを使う上での注意点

10ギガサービスを使う上での注意点を3つお伝えします。

専用ルーターが必要

10ギガサービスを使うには、最大通信速度 10 Gbps に対応した専用ルーターが必要なります。市販の製品を自分で用意するか、ドコモ光から月額 500 円 (税抜) でレンタルするかになります。

とりあえず、初めのうちはレンタルで様子を見るのも良いと思います。

ドコモ光10ギガ:接続図

参照:ドコモ光10ギガ 公式サイト

ドコモ光電話は未対応

10ギガサービスはドコモ光電話は対応していないので、固定電話がどうしても必要であれば、月額料金はもったいないですがアナログ回線のままにしておくか、通常のドコモ光 (下り最大 1 Gbps) でドコモ光電話を使うようにしましょう。

LAN側も高速通信に対応している必要がある

ネット回線がルーターまで10ギガサービスであっても、そこからLAN側 (ユーザー側) も10ギガに対応していないと恩恵が受けられません。

例えば、LANケーブルは 10 Gbps に対応した「Cat6a」以上の製品を選ぶ。パソコンのLANポートも 10GBase-T や 2.5GBase-T に対応している必要があります。

Wi-Fi も使うのであれば、無線LANルーターは Wi-Fi6 に対応し、WAN側は 10GBase-T、LAN側は 2.5GBase-T に対応している製品を選ぶこと。Wi-Fi接続するスマホやタブレット側も WiFi6 対応が望ましいと言えます。

ただし、パソコンやスマホなどのデバイスは、これから対応機器が出てくるので、買い替えのタイミングで対応デバイスになっていくと考えれば良いでしょう。

ドコモ光10ギガのキャンペーン

ドコモ光10ギガ:dポイントキャンペーン

参照:ドコモ光10ギガ 公式サイト

ドコモ光10ギガでは、以下 3 つのdポイントのキャンペーンを受けられます。dポイントは、d払いでも使えるので普段の生活に便利ですよね。

  1. 新規工事費用相当のdポイント:18,000 pt (開通の翌々月)
  2. dポイント進呈:新規 20,000 pt / 転用 5,000 pt (開通の翌々月)
  3. 最大24カ月間、毎月dポイント:1,600 pt / 月 (開通の翌々月から最大24ヶ月)

dポイントは全て「期間・用途限定」となることだけ注意してください。

貰えるタイミングですが、全て利用開始の翌々月です。3 については、そこから最大24カ月間、毎月貰えるようになります。

このキャンペーンの条件ですが、ドコモ光10ギガを 2 年の定期契約で申し込み、申し込んだ月を含めて 7 ヶ月以内に利用開始すること。

また、開通した時点で定期契約を続けていて、契約者がdポイントクラブ会員またはドコモビジネスプレミアクラブ会員となっていることが必要です。

→ 公式サイト【ドコモ光 10ギガ】:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/10g_plan/

 

ドコモ10ギガが未提供エリアなら

GMOとくとくBB×ドコモ光:WEBサイト画像

下り最大 1 Gbps のドコモ光が選択肢となります。月額料金も10ギガと比べると安価で、マンションタイプ導入物件なら、さらに安く使うことができます (下表は税抜) 。

 マンションタイプファミリータイプ
事務手数料3,000 円3,000 円
月額料金4,000 円5,200 円
開通工事費15,000 円 → 0 円18,000 円 → 0 円

今なら開通工事費が無料の上、特典としてdポイント 5,000 pt も貰えます。

プロバイダーは、「GMOとくとくBB」がオススメです。ネットワークが混んでる時間帯でも速度が低下しにくい、次世代通信技術「v6プラス」が使える上に専用ルーターが無料でレンタルできますよ。

また、GMOとくとくBBは、2019年のオリコン顧客満足度調査で、プロバイダ広域企業で No.1 を獲得しているため、ユーザー側から見た信頼性も高いプロバイダーと言えます。

他にも、追加でキャッシュバックが貰えるなど特典の多さも魅力です。

→ 【GMOとくとくBBのドコモ光】公式サイト:https://gmobb.jp/service/docomohikari/

 

おわりに

いかがでしたでしょうか? ドコモ光の新サービス「ドコモ光10ギガ」、まだまだ提供エリアは狭く、デバイス側も速度に対応できてないため、すぐに必要ではないかもしれません。

これから将来に向けてインターネット上のコンテンツも通信量が増えてきますので、5年後・10年後には 5G や Wi-Fi6 と合わせて、光回線は下り最大 10 Gbps が当たり前になっている時代が来るでしょう。

少しでも速い光回線でネット環境を良くしたいという人は、今後に向けて「ドコモ光10ギガ」を検討してみてはいかがでしょうか?

→ 公式サイト【ドコモ光10ギガ】:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/10g_plan/

 

SNS でシェアのお願い

最後まで読んで頂き、ありがとうございます (^^*

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました