GMOとくとくBBのWiMAX2+を実際に解約した方法を丁寧に解説

オフィスでPCを使う女性 WiMAX

今まで、GMOとくとくBB の WiMAX2+ を 2年使ってきましたが、今月 (2019年7月) が契約更新月なので色々と考えた結果、他の WiMAX2+ への乗り換えをすることにしました。

せっかくなので備忘録も兼ねて、GMOのとくとくBB の解約方法をお伝えしていきます。GMOとくとくBB の解約をこれからしようという方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

Web 上で解約できるようになっていた

数年前、GMOとくとくBB の WiMAX2+ は、解約が Web 上ではなく申請書でのやりとりでした。

「通信サービスを売っていて申し込みは Web なのに、なんで解約は書面?」と面倒臭く感じましたが、現在は Web 上で解約ができるように変わっていました。

解約書面の郵送にかかる日数などで、当月の締め日 (毎月 20 日) までに処理が間に合わなければ、翌月解約の扱いになってしまいます。 当たり前と言えば当たり前ですが、書面でのやりとりはかなり不評だったのではないでしょうか…

会員ページにログインして解約

それでは、解約方法を見ていきます。解約をするには、 まず会員ページの BBnavi にログインしましょう。

GMOのとくとくBB:会員ページ ログイン画面
ログイン画面

続く下の画面で、右上にある「サービス・オプションの削除・解除」をクリックします。

GMOのとくとくBB:会員ページ メニュー画面
サービスメニュー

そうすると下のように「サービス・オプションの削除と解約」の画面に移ります。

GMOのとくとくBB:会員ページ サービス・オプションの削除と解約
サービス・オプションの削除と解約

一番下にスクロールしていくと、下のキャプチャ画像のように目当ての「GMOのとくとくBBの解約」というエリアがあり、左下の解約メニューの所に「解約」ボタンがあるのでクリックします。

(解約ボタンがない人は、料金未払いや最低利用期間が過ぎていないなど何かしらの理由があるので、直接お客様センターに問い合わせてみてください。)

GMOのとくとくBB:会員ページ 解約ボタン

「解約」ボタンを押すと、下のようにアンケート画面になりますので、あなたが当てはまるものにチェックを入れて進めていきます。

GMOのとくとくBB:会員ページ サービス・オプションの削除 アンケート1
アンケート画面

アンケートを進めていくと、一番下に「アンケートを送信する」ボタンがあるのでクリック。

GMOのとくとくBB:会員ページ サービス・オプションの削除 アンケート2

アンケートを送信すると下の画面に移ります。解約内容の確認画面なんですが、解約を踏み止まらせるための広告が一番上に出てくるので無視して下にスクロールしていきましょう。

GMOのとくとくBB:会員ページ サービス・オプションの削除 継続させようとする広告

スクロールしていくと、現在利用中のサービス一覧が表示されているので、解約する内容に間違いがないか確認をします。

GMOのとくとくBB:会員ページ サービス・オプションの削除 利用中サービス一覧
利用中サービスの一覧

続いて下にスクロールしていくと、解約前の同意事項があるので、一つ一つ内容を読んで同意のチェックを入れていきます。

GMOのとくとくBB:会員ページ サービス・オプションの削除 解約前の同意事項
解約前の同意事項

同意事項を進めていくと、一番下に今回 2 度目の登場となる 「解約」ボタンがあるのでクリックします。

GMOのとくとくBB:会員ページ サービス・オプションの削除 2回目の解約ボタン登場

そうすると、下のように「ご解約の受付」という画面に移ります。これでやっと解約の手続きは完了です。お疲れさまでした。

GMOのとくとくBB:会員ページ サービス・オプションの削除 解約の受付
解約の受付画面

SIM カードはどうするの?

解約の手続きは終わりましたが、僕にはひとつ疑問があります。それは「今使っている WiMAX2+ の SIM カードはどうするの?」というもの。

記憶があいまいですが、確か SIM カードは借りているような気がしていたので、契約書などを取っておいてあるファイルを見てみました。

すると、2年前の WiMAX2+ 契約時のサービス特約があったので読んでみると、やはり SIM カードは解約をした段階で返却しなければならないようです。2年前の自分が丁寧に マーカーしてましたw

GMOのとくとくBBのサービス特約
GMOのとくとくBBのサービス特約

しかも、返却期限を過ぎると SIM カード損害金として 3,000 円 (税抜) を請求される場合があるようです。

にもかかわらず、返却先すら契約した書類に記載がないので、SIM カード返却についてお客様センターにメールで問い合わせをしたところ、早速、翌日に次のような返信がありました。

なんといつの間にか、SIM カードの返却もする必要がなくなっていました。これで、最後の面倒の種もなくなりホッとしました。

2年間で、GMOのとくとくBB のお客様センターに問い合わせをしたのは、今回が最初で最後でしたが、対応が丁寧かつ速かったので感心しました。担当の方、ありがとうございます m(__)m

解約月も月額料金がひと月分かかる

最後に、WiMAX2+ を解約する時に知っておいた方が良い知識をお伝えします。

契約更新月に解約をしたからといって、何も料金がかからない訳ではありません。最後の月額料金は、日割りではなく普通にひと月分かかります。

しかも、契約更新月はすでに初めの契約期間は満了している状態になるので、割引なども外れた状態でひと月分の月額料金を支払うことになります。

これを知っておかないと、後で引き落とされた金額を見て嫌な思いをしてしまうので、初めから認識しておいた方がよいでしょう。

まとめ

GMOのとくとくBB の WiMAX2+ の解約方法をお伝えしてきました。今回、実際に自分で解約してみての感想ですが、思っていたよりもサクッと終わりました。

Web サイト上で解約手続きができるようになり、さらに SIM カードも返却する必要がなくなったことで、ユーザー側の手間がほとんど無いことが大きいですね。

GMOのとくとくBB のキャンペーン価値が、WiMAX2+の中で一番高かったおかげで、この 2 年間本当にお得に使わせて頂きました。今までどうも有難うございました。

また、今回の記事が「GMOのとくとくBB からの乗り換えを考えているけど、解約は面倒くさそうだなぁ…」と二の足を踏んでいる人の参考になれば嬉しいです。

 

【8月】WiMAX2+ キャンペーン総合ランキング

GMOとくとくBB

プロバイダーの GMOとくとくBB が提供している WiMAX2+ です。

キャンペーンとして 35,000 円のキャッシュバックがもらえ、WiMAX2+ の提供会社の中では断トツの還元率を誇ります。

キャンペーンだけでなく、他の提供会社にない特徴としては、端末の即日発送に対応しているのでなるべく早くネット環境が欲しい人に向いていること。

そして万が一、使ってみて速度などに満足ができない時は20日間以内であれば無料解約ができる点です。WiMAX2+をはじめて使う人にとって不安がなく始められる内容です。

DTI WiMAX 2+

プロバイダー DTI の WiMAX2+ サービスです。

キャンペーンはシンプルで月額料金大幅に割引きで、月額 2,590 円~ 使うことができます。さらに、はじめの2ヶ月間は 0円 。

※ 月額料金の割引を特典としているWiMAX提供会社の中ではキャンペーン価値 No.1

メリットとしては、キャンペーンの月額割引きが自動的に適用されるので、キャッシュバックのように申請したりする必要がなく、必ずキャンペーンを受けられるのがポイントです。

また、NTTグループカードを新規で同時申し込みして、支払い方法に指定すると月 500 円× 12 ヶ月分がキャッシュバックされます。

Broad WiMAX

LinkLife という新興のネット回線事業者が提供しているWiMAXです。

業界最安値級という謳い文句で、月額料金の大幅割引をキャンペーンとしています。月額料金は2,726円~。

他にない特徴として、他社のモバイルWi-Fiサービス (WiMAX, Sofbank Air, Y!mobile の Pocket WiFi) から乗り換える場合、解約金を最大19,000円まで負担してくれます。

また万が一、Broad WiMAXで満足できない場合は、LinkLifeが勧める他の光回線に解約金なく切り替えすることが可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました