WiMAX2+の乗り換え、ベストなタイミングと方法を教えます

家でノートPCを使う笑顔の男性 WiMAX
この記事は約5分で読めます。

「WiMAX2+ を乗り換えたいけど、どうやったら一番いいんだろう?」と悩んだ挙句に同じ WiMAX2+ をずっと使い続けている人は多いと思います。僕も以前はそうでした。

実は、WiMAX2+ は同じサービス (提供会社) をずっと使い続けていると、あまりお得ではありません。

今回は、僕自身の経験から WiMAX2+ を乗り換えるベストなタイミングとその方法、お得な乗り換え先の見極め方も合わせてお伝えしていきます。

WiMAX2+ の乗り換えで悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

乗り換えタイミングは契約更新月を狙うのが基本

WiMAX2+ を乗り換えるタイミングは契約更新月が一番です。

光回線やスマホでもそうですが、契約更新月以外では契約解除料がかかってしまうため、どうしてもやむを得ない場合 (海外への転勤など) 以外は、必ず契約更新月で乗り換えるようにしましょう。

ただし、単純に契約更新月で乗り換えるといっても次の注意点を知らないと無駄に契約解除料を取られてしまう可能性があります。

当月の締め日に注意

WiMAX2+ 解約の手続きには、その月で処理される期限 (締め日) が決まっています。その締め日を超えてしまうと、契約更新月であっても解約が翌月扱いになってしまい解除料を取られるという羽目になってしまうため注意が必要です。

解約手続きの締め日は、WiMAX2+ の提供会社によって違うので、あなたが使っているサービスの締め日を前もって確認しておく必要があります。

例えば、毎月 20 日が締め日の提供会社の場合で、契約更新月が 7 月とします。

この場合、実際には 6 月 21 日~ 7 月 20 日までに解約手続きをすれば「7月に解約をした」という扱いになります。「月末前に解約をすればいいや」 と高を括ってのんびりしているとアウトな訳です。

契約更新月を忘れないために

WiMAX2+ の契約更新月は契約によって違いますが、2 年もしくは 3 年に一回と時間的なスパンがけっこう長いので記憶に頼るようなことはやめましょう。契約更新月で乗り換えるつもりでも、気付いたら過ぎていたとなっては元も子もありません…

契約更新月を忘れないためには、スマホのスケジュールアプリにリマインダーとして設定しておくのがベストと言えます。紙の手帳でもいいですが、1 年単位のものだとそれ以上先の事がメモできないので注意。

また、スマホの端末が変わることも考えて、アカウントに紐づくスケジュールアプリ (Google カレンダーなど) が個人的には良いと思います。

契約更新月がわからない場合は、Web 上の会員ページで調べることができるので、必ず確認してリマインダーを設定しておいてください。

乗り換えはひと月かぶせよう

乗り換えは、今まで使っている WiMAX2+ を解約して、新しい WiMAX2+ を契約するという流れになりますよね。

そのため、使い勝手を考えて

  • 今使っている WiMAX2+ の解約月 (契約更新月) = 新しい WiMAX2+ の契約月

とした方がネット回線が途切れることがないのでスムーズと言えます。

料金的に考えると、今まで使ってきている WiMAX2+ の最後の月額料金と、新しく契約する WiMAX2+ の事務手数料・初月の月額料金はかぶる計算にはなります。

人によっては 月をまたぐ乗り換えもアリ

どうしても料金的に、解約する方と新規の WiMAX2+ が被るのは嫌だという人は、月が変わってから新規の WiMAX2+ を申し込むのもアリです。

ただし、ネットが使えない日が数日発生してしまうので、その条件が飲める人だけ使える方法になります。

具体的には、まず今まで使っている WiMAX2+ は、締め日に間に合うように契約更新月で解約手続きをします。

締め日は提供会社によって違いますが、サービスの利用は月末ギリギリまで使えるので、月が切り替わったタイミングで新規の WiMAX2+ を申し込みます。

新規の WiMAX2+ を申し込んでから、端末が宅配便で手元に届くまでに 2・3 日かかるのでその間だけ WiMAX2+ でネットが使えないという状態になります。

お得な乗り換え先の選び方

WiMAX2+ は、提供会社が数多くありますが、実はどこを選んでも同じではありません。

通信サービス自体は、各提供会社が UQ コミュニケーションズから卸してもらって提供しているので、どの提供会社を選んでも通信品質や通信速度は同じですが、利用料金の値付けやキャンペーン、オプションサービスやカスタマーサポートが提供会社ごとに違ってきます。

そのため、料金面やキャンペーンを軸に乗り換え先の WiMAX2+ を選ぶ方が賢い選択と言えます。

キャンペーン・特典の注意点

WiMAX2+ のキャンペーンや特典でよくありがちなのが、「特典総額 xxxxx円」というような表記です。これだけを鵜呑みにして申し込みをすると、損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

特に、WiMAX2+ は、端末代を0円にしている提供会社がほとんどです。この端末代を 20,000 円くらいで見積もって特典総額に含まれていること。

また、出所がよく分からない初期費用を設定していて、それを特別に 0 円とうたって特典総額に含めている点です。

結局、この表記方法は、なんでもかんでも特典総額に含めてしまって一見お得なように見せかける事ができてしまうため、他の提供会社と比較したときに全然お得でなかったという事が起きてしまいます。

お得な乗り換え先を選ぶベストな方法は、 特典総額に惑わされずに「その提供会社のキャンペーン・特典を含めて、契約期間内で実際にどのくらい料金を支払うのか」を計算して、気になる提供会社をいくつか比較してみることをおススメします。

まとめ

最後に、今回お伝えしてきた WiMAX2+の乗り換えタイミングと方法のポイントをまとめます。

  • 契約更新月で乗り換える
  • 解約手続きの締め日に注意
  • 契約更新月をリマインダー設定しておく
  • 乗り換え先の WiMAX2+ の申し込みはひと月かぶせる
  • 乗り換え先は特典総額ではなく、実際の支払い料金で比較する

WiMAX2+ は最初の契約期間 (2 年もしくは 3 年) が過ぎた後は、申し込み時のキャンペーンのお得感が無くなってしまいます。そのまま使い続けるよりは、契約更新月で他の提供会社に乗り換える方が賢い選択だと言えます。

WiMAX2+ の乗り換えで悩んでいるなら、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

 

SNS でシェアのお願い

「この記事が少しでも役に立った」と感じてもらえたら、下の SNS のどれかでシェアをして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました