契約解除料はもったいない!WiMAXの解約で特に注意するべき3つのこと

モバイルWi-FiルーターWiMAX2+
この記事は約5分で読めます。

WiMAX の解約を考えていると思いますが、解約をするには注意するべきことがあり、それを知らずにただ解約をするだけでは損をしてしまいます。

この記事では、WiMAX の解約に向けて特に注意すべきことを、3 つのポイントに分けてお伝えしていきます。

最後まで読めば、あなたが WiMAX をスムーズに、そして損をせずに解約するための知識を得ることができますよ。

契約更新月に解約をする

インターネット回線の契約では、もう当たり前になっていることですが、WiMAX でも利用料金を割引きする代わりに一定期間 (2年や3年) の契約をしなくてはなりません。また、この定期契約は満了しても自動で更新されてしまいます。

この契約期間内に解約をする場合には契約解除料がかかります。

ただし、契約解除料がかからずに解約をできる期間が設けられていて、それが「契約更新月」(定期契約が満了した翌月) です。

この契約更新月で解約をするためには、必ず自分の契約更新月はいつなのか把握しておく必要があります。

WiMAX は、端末が到着して使い始めた月を利用開始月と呼び、その翌月から 1ヶ月目、2ヶ月目、3ヶ月目… とカウントしていきます。

2年契約であれば、25ヶ月目を「満了月」、26ヶ月目が「更新月」となり、満了月の末日か更新月で解約をすれば契約解除料はかかりません。

WiMAX:2契約の解除料と契約更新月
出典:UQ WiMAX 公式サイト https://www.uqwimax.jp/wimax/

3年契約であれば、37ヶ月目を「満了月」、38ヶ月目が「更新月」となり、満了月の末日か更新月で解約をすれば契約解除料はかかりません。

WiMAX:3契約の解除料と契約更新月

出典:UQ WiMAX 公式サイト https://www.uqwimax.jp/wimax/

自分の契約更新月がいつなのかわからなければ、使っている WiMAX の会員サイトから確認することができますし、カスタマーサポートに連絡をしても確認できます。

一度確認した契約更新月をずっと覚えておくのは難しいので、普段使っているスケジュールアプリや手帳にリマインダーとして入力・記帳をしておくことをおすすめします。

ちなみに僕自身は、Google カレンダーにリマインダーを入れて管理しています。

提供会社ごとに決められた日までに解約をする

上で契約更新月であれば、契約解除料はかからないとお伝えしましたが、WiMAX はその月内 (当月) で解約を受け付けてもらえる期日が決まっています。

提供会社によって前後するとは思いますが、毎月20日までに解約手続きが受理されるように動いた方が無難です。

すなわち、更新月の月初から20日までの間に解約をするようにすることが大切です。

逆に、当月で処理してもらえる日にちを過ぎてしまうと契約更新月で解約申請をしたとしても、翌月の解約扱いになってしまい契約解除料と翌月の利用料金もかかってしまいます。

解約方法を事前に調べておく

WiMAX は提供会社によって解約方法が異なります。

例えばですが、以前使っていた BIGLOBE の WiMAX は解約は Web 上の会員ページで出来ましたが、今使っている GMOとくとくBB では、解約は申請書の送付です。

ネット回線をサービスとして提供している会社が、書面のやり取りをさせるのは正直意味がわかりませんが、それはさておき、提供会社によって解約方法は違うという事です。

Web 上で解約ができるのであれば、当月受付のギリギリの日にちでも問題はなですが、書類送付で解約申請書を送るのであれば、1日くらい郵送の時間を取っておいた方が良いという事になります。

自分が使っている WiMAX の解約方法も合わせて事前に調べておいた方がよいでしょう。提供会社の Web サイトで、「よくある質問」や「FAQ」を見て調べることができます。

どうしても分からなければ、カスタマーサポートに連絡して聞くのが確実です。今は、チャットサービスがあるところも増えてきているので、それで聞くのもありでしょう。

契約更新月は割引ナシの月額料金がかかる

補足事項ですが、契約更新月で解約をするということは、前の月で契約が満了しているということになります。

そのため、契約更新月での解約は契約解除料はかからないものの、割引などがされていない月額料金がひと月分かかるので、事前に知っておいた方が良いポイントです。

WiMAX 乗り換えならキャンペーンで選ぼう

ここからは、今使っている WiMAX を解約して、他の WiMAX 提供会社に乗り換える、という人のためにタイプの違うオススメの WiMAX をご紹介しておきます。

随一の高額キャッシュバック GMOとくとくBB

WiMAX の中でも高額のキャッシュバックで提供のある GMOとくとくBB はオススメの筆頭です。

金額は、時期と選ぶ端末によっても上下しますが 36,000 ~ 37,000 円あたりのキャッシュバックがもらえるのでお得度としては No.1 を誇ります。

その他、端末代や送料も 0 円。万が一、満足できなかった場合でも 20 日以内であれば解約金なしでのキャンセルもできるので安心して申し込むことができますよ。

GMOとくとくBBのキャンペーン詳細

他社の解約金を還元してくれる Broad WiMAX

月額料金が 2,726 円~と比較的安く使える Broad WiMAX に、実はキャンペーンとして、他社のモバイル Wi-Fi サービスでかかる解約金を負担してくれる唯一の提供会社でもあります。

内容としては、最大 19,000 円 (非課税) 分の契約解除料を負担してくれると言うもの。対象のサービスは WiMAX だけでなく、Softbank Air や、Y!mobile の Pocket WiFi も含まれるのも嬉しいポイントです。

初期費用や端末代はもちろん 0 円 ですよ(事務手数料 3,000 円はかかります)。

契約更新月以外で WiMAX を乗り換える場合は、この Broad WiMAX のキャンペーンを使うとお得です。

Broad WiMAX のキャンペーン詳細

まとめ

いかがでしたでしょうか? 損をしないで、うまく WiMAX を解約するためのポイントを最後にまとめておきます。

  • 契約更新月に解約をする
  • 提供会社ごとに決められた日までに解約をする
  • 解約方法を事前に調べておく

この 3 つのポイントを把握していないと、解約する直前になって慌ててしまったり、結局 契約解除用を取られてしまうことにもなりかねません。

WiMAX の解約を考えているなら、この記事を参考にして進めれば、スムーズに解約ができると思いますよ。

【2020年5月】WiMAX2+ キャンペーン総合ランキング

【GMOとくとくBB】高額キャッシュバック

・キャッシュバック 27,200 円
・最新端末でもキャッシュバックは満額
・端末代・送料 0 円
・「20 日間以内のキャンセル」可能
・解約金負担なしの乗り換えサポートあり
・au スマホや UQ mobile とのセット割
・実質料金:3,556 円

プロバイダー実績 20 年「GMOインターネット」が運営 。2019 年オリコン顧客満足度ランキング「プロバイダ 広域企業」で第 1 位。

【DTI WiMAX2+】月額料金割引き+2ヶ月間 0 円

・月額料金の大幅割引き。月額 2,590 円~
・さらに初めの 2 ヶ月間は月額 0 円
・端末代・送料 0 円
・DTI 会員だけの優待サービス「DTI Club OFF」
・au スマホや UQ mobile とのセット割
・実質料金:3,606 円

老舗プロバイダー「DTI」が運営 。シンプルに利用料金がお得に使えます。

【Broad WiMAX】月額料金割引き

・月額 2,726 円~
・初期費用 18,857 円が無料
・端末代・送料 0 円
・満足できない場合、解約金ナシの乗り換えサポートあり
・au スマホや UQ mobile とのセット割
・実質料金:3,646 円

プロバイダーや光回線なども提供している通信事業者「リンクライフ」が運営。WiMAX2+のキャンペーンに力を入れています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました