WiMAXを申し込む前に必ずチェックしたい、大事な3つの注意点

重要の意味の英単語: importantWiMAX2+
この記事は約5分で読めます。

WiMAXは、お手軽に素早くネット環境が作れるので学生さんや一人暮らしをしている人に人気がありますが、もしあなたがWiMAXを検討しているのなら必ず確認しておいた方がいい注意点を知っていますか?

せっかく申し込んだのに、注意点を知らなかったが為に、使い始めてから「こんなはずじゃなかった…」となると残念過ぎますし、お金も無駄になってしまいます。

そんな失敗を防ぐために今回は、WiMAXを申し込む前にチェックするべき注意点をお伝えしていきます。

大事な3つの注意点↓↓

  • 提供エリアの確認する
  • 契約期間が問題ないか検討する
  • お得なキャンペーンを選ぶ

これから、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

必ず提供エリアを確認すること

ひとつ目の注意点ですが、何は無くとも提供エリアだけは事前に確認してください。

WiMAXというサービスは、端末がモバイルルーター・ホームルーターとありますが、WiMAXの電波を受信してインターネットにつなげるモバイル回線です。

そのため「電波が入っていない」もしくは「入っていても、いつも弱い」という状態だと使い物になりません。スマホの電波状態を考えてもらえば分かりやすいと思います。

提供エリアの確認の仕方

WiMAXはサービス提供会社が複数あって、どのWebサイトからでも提供エリアの判定ができるようになっています。

一例ですが、僕が使っている「GMOとくとくBB」のWiMAX公式Webサイトで、提供エリアの確認方法を見ていきましょう。

確認方法は2種類あります。

地図上に分かりやすく色でエリアが表示されている「サービスエリア判定」と、住所から絞り込んでいく「ピンポイント判定」。2つの判定方法はタブで切り替えられるようになっています (黄色線を引いた部分)。

WiMAXの提供エリア判定の選択

サービスエリア判定はまず都道府県を選ぶマップが出てきます。

WiMAXのサービスエリア判定の都道府県選択

調べたい都道府県を選ぶと提供エリアが薄赤色で視覚的に分かります。下は東京を選んだ状態です。拡大も出来着るようになっています。

WiMAXのサービスエリア判定の画面

次は、ピンポイント判定の説明ですが、選ぶとマップの代わりに、建物情報の選択と住所をクリックして掘り下げていく形式になります。これで調べたい住所の番地で判定することが出来ます。

WiMAXのピンポイントエリア判定の画面

ピンポイント判定の結果は、「〇」「△」「×」や「提供エリア外」、また場合によって住所が出てこない人もいるかもしれません。

そして、大事なのは提供エリア判定をして結果が問題ないことです。判定方法によって結果の見方は違いますので解説しておきます。

サービスエリア判定の場合は、地図上の自分の住んでいる場所・行動範囲に提供エリアを示す薄赤色のエリアがかかっていれば OK 。薄赤色エリアがかかってなければやめた方がいいですし、もし調べたい場所が境目にあるようなら、ピンポイント判定もしてみましょう。

ピンポイントエリア判定の場合は、判定結果が「〇」なら OK 。「△」や「×」、「提供エリア外」なら無理して申し込みをせず、見送った方がいいでしょう。

判定結果がOKの状態↓

WiMAXの提供エリア判定結果:OK

判定結果がNGの状態↓

WiMAXの提供エリア判定結果:NG

契約期間が問題なさそうか検討すること

WiMAXだけに限りませんが、ネット回線のほとんどには指定の契約期間があり、契約期間を受け入れる分、割引や特典を受けられるようになっています。

WiMAXの場合は、数年前までは2年契約でしたが、最近は3年契約が主流となってきています。

2年契約をまだ受けているサービス提供会社もあるにはありますが、キャンペーンが少ない状態なので、基本は3年契約で考えておいた方が良いでしょう。

WiMAXは、固定回線ではなくモバイル通信なので、例えば引っ越しをしても、提供エリアにさえ入っていれば問題なく使えますし、端末がモバイルルーターのタイプなら (据え置き型のタイプもあります) 外でもネットが使えるので柔軟性は高いとは思いますが、それでも3年の間、途中で解約する可能性が少なさそうかを考えてみる必要はあります。

なぜなら、契約期間で途中解約をすると下のような契約解除料がかかってしまうからです。

利用期間契約解除料
利用開始~13ヶ月目19,000円
14~25ヶ月目14,000円
26ヶ月目以降9,500円

※ サービス株式会社によっては、上記の解除料の他に特典の違約金がかかる場合もあります。

3年契約の場合、利用開始した月を含む38ヶ月目が契約更新月となるので、この月に解約をするならは契約解除料は無しになります。

とりあえず先のことは分かりませんが、契約期間を自分なりに考えてみて、問題なさそうであれば良いと思います。

少しでもお得なキャンペーンを選ぶこと

WiMAXにはサービス提供会社が複数あると上でも書きましたが、どの提供会社を選ぶかによってキャンペーン・月額料金・サービスに違いがあり、お得度が変わります。

その反面、すべての提供会社がUQコミュニケーションズのWiMAXサービスを自社サービスとして提供しているので、通信品質や回線速度、提供エリアに差がありません。

そのため、キャンペーンと月額料金を比較して、一番お得な提供会社を選ぶことが賢い選択となります。

WiMAXのキャンペーンは比較的、短期間で変わりますが、その中でメジャーの提供会社のキャンペーンを比較して一番お得なところを紹介しておきます。

僕も現在使っていますが、「GMOとくとくBB」のWiMAXです。参考にしてください。

GMOとくとくBB

プロバイダーの GMOとくとくBB が提供している WiMAX2+ です。キャンペーンとしてキャッシュバックが最大 27,000 円もらえます。

端末代・送料も 0 円。端末にもよりますが、モバイルタイプの専用クレードル(充電スタンド)まで0円です。

月間のデータ通信量に制限のない「ギガ放題」プランでの月額料金(税抜)は、

  • 1・2ヶ月目は3,609円
  • 3~36ヶ月目は4,263円

で使えます。

3 ヶ月目以降の月額料金は他の提供会社よりも高く見えますが、キャッシュバックを含めた3年間トータルの金額は一番安くなります。

また、他の提供会社にない特徴としては、申し込みをした当日に端末を発送してくれるのでなるべく早くネット環境が欲しい人に向いていること。

そして万が一、使ってみて速度に満足ができない時は、20 日間以内であれば無料解約ができます。WiMAX2+ をはじめて使う人にとって不安がなく始められる内容です。(ピンポイントエリア判定の結果が「〇」だった場合に適用なので、申し込み前に必ず判定をしておいてくださいね。)

GMOとくとくBB

まとめ

今回お伝えした、WiMAXを申し込む前にチェックしておきたいポイントのおさらいです。

  • 提供エリアの確認する
  • 契約期間が問題ないか検討する
  • お得なキャンペーンを選ぶ

WiMAXは手軽でお得にネット環境が作れますが、焦って申し込みをせず、少しの時間を取って、この3つのポイントを考るだけで失敗を防げますよ。

 

【2020年5月】WiMAX2+ キャンペーン総合ランキング

【GMOとくとくBB】高額キャッシュバック

・キャッシュバック 27,200 円
・最新端末でもキャッシュバックは満額
・端末代・送料 0 円
・「20 日間以内のキャンセル」可能
・解約金負担なしの乗り換えサポートあり
・au スマホや UQ mobile とのセット割
・実質料金:3,556 円

プロバイダー実績 20 年「GMOインターネット」が運営 。2019 年オリコン顧客満足度ランキング「プロバイダ 広域企業」で第 1 位。

【DTI WiMAX2+】月額料金割引き+2ヶ月間 0 円

・月額料金の大幅割引き。月額 2,590 円~
・さらに初めの 2 ヶ月間は月額 0 円
・端末代・送料 0 円
・DTI 会員だけの優待サービス「DTI Club OFF」
・au スマホや UQ mobile とのセット割
・実質料金:3,606 円

老舗プロバイダー「DTI」が運営 。シンプルに利用料金がお得に使えます。

【Broad WiMAX】月額料金割引き

・月額 2,726 円~
・初期費用 18,857 円が無料
・端末代・送料 0 円
・満足できない場合、解約金ナシの乗り換えサポートあり
・au スマホや UQ mobile とのセット割
・実質料金:3,646 円

プロバイダーや光回線なども提供している通信事業者「リンクライフ」が運営。WiMAX2+のキャンペーンに力を入れています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました